40代で赤ら顔に悩んでいる人が覚えるべきこと

40代は赤ら顔の悩みが増えてくる時期です。
30代の頃はまだそれほど顕在化していなかった体の老化が目に見える形であらわれてくる時期でもありますし、心身両面の健康状態が乱れやすくなるのも赤ら顔を起こしやすい理由となります。

年齢による肌の衰え

まず注意したいのは肌環境の衰えと悪化です。
30代後半くらいから肌の衰えが加速していき、シワやたるみといった目に見えるトラブルがあらわれるようになります。

これら肌トラブルの根本の原因となるのが肌の乾燥です。
加齢とともにセラミドやヒアルロン酸をはじめとした保湿成分が失われ、肌が乾燥しやすい状態になるのです。

その結果、刺激に敏感な状態になり、肌トラブルが起こりやすい環境になってしまいます。
そうなると日常的にニキビや肌荒れといった炎症による赤みが生じやすくなるのです。

このタイプの赤みは広範囲に広がりやすく、気が付いたら時には顔全体が赤くなってしまうケースも少なくありません。

しかも炎症が治っても肌の乾燥がそのままだとちょっとした刺激がきっかけですぐに再発してしまいます。
乾燥した肌には気づかない程度のごくわずかな炎症が繰り返しおこっており、肌環境が不安定な状態にあります。

そのため、刺激に対して過剰反応が起こり、炎症が起こるとすぐに拡大してしまう傾向が見られます。
この老化による乾燥と炎症は年齢を重ねていく上でどうしてもリスクを抱えることになるため日々のスキンケアの中でできるだけ改善を目指していくことが大事です。

血行不良に注意

それから血行不良にも注意しましょう。
若い頃からむくみや冷え性に悩まされてきた人はとくに40代になると血行不良を抱えやすくなります。
全身の血行が悪くなると疲労が蓄積しやすくなり、自律神経の乱れの原因となるほか、顔の血行が悪くなることで赤ら顔の原因となってしまいます。

体の衰えによる血行不良に自律神経の乱れによる血管の収縮が加わってますます血液の流れが滞ってしまう…そんな悪循環に陥る恐れもあるわけです。
血行不良とニキビによる炎症のダメージが重なることでうっ血状態に陥り、かなり目立つ赤みが出来てしまうこともあるので注意しましょう。

40代は更年期の赤ら顔に注意

もうひとつ、40代で赤ら顔に注意したいポイントが更年期です。
45歳くらい、早い人なら40代に差し掛かる頃から更年期障害の症状があらわれはじめます。
この更年期障害にはホルモンバランスや自律神経の乱れによるほてりやホットフラッシュ、血行不良、高血圧といった赤ら顔の原因となる症状が多数見られます。

これらが複数生じることでかなり強い赤ら顔の状態に陥ってしまうこともあるのです。
更年期障害にはイライラや倦怠感、うつ症状といった精神面への影響も多く、ストレスの蓄積が赤ら顔をさらに悪化させてしまう恐れもあります。

それだけに更年期障害と疑われる症状が見られた場合にはできるだけ早い段階で対策を行っておきたいところです。

このように、40代は体の老化の進行だけでなく赤ら顔のリスクも高まる時期です。
心身の健康維持のため、広く日常生活の中で相応しい対策を行っていくようにしましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ