30代で赤ら顔に悩んでいる人が覚えるべきこと

10代の頃に赤ら顔に悩まされた人も20代になると落ち着いてきます。
しかしその状態から再び赤ら顔が生じやすくなるのが30代です。
この年代では複雑な事情で赤ら顔が生じるケースが多いので注意が必要です。

10代の赤ら顔はニキビによる炎症や、血行の良さといった比較的原因がハッキリした環境で生じるものです。
体の成長が止まる20代になるとこうした原因が解消され、赤ら顔になりにくくなるのですが、30代に入ると10代とは異なった原因で赤ら顔ができやすくなります。

30代の赤ら顔は自律神経の乱れ

その原因はいくつかありますが、とくに注意したいのが自律神経の乱れです。
心身を興奮状態にする交感神経とリラックスさせる副交感神経によってバランスが維持されている自律神経ですが、そのバランスが崩れて交感神経が優位になってしまうことで赤ら顔にやりやすい環境になるのです。

緊張したり恥ずかしい思いをした時には顔が紅潮します。
これは交感神経の働きによるのぼせの症状なのですが、一方では交感神経には血管を収縮させる働きもあります。

そのため、交感神経が優位な状態が続いてしまうと今度は血行不良に陥り、うっ血状態をもたらすなど新たな赤ら顔の原因をもたらします。
こちらの場合は紅潮やのぼせのような一時的な症状ではなく、赤みが慢性化してしまうのが大きな特徴です。

血管収縮と赤ら顔

さらに自律神経による血管の収縮は冷え性の原因ともなります。
顔は赤みが生じているにも関わらず手足は冷えてむくんでしまうという「冷えのぼせ」の症状も起こりやすくなります。
この症状は20代にも増えていますが、若い頃は薄着による体の冷えや食生活の偏りといった生活習慣が原因で起こるケースが多いのに対し、30代になるとメンタル面がもたらす自律神経の乱れが大きな原因になっていきます。

人生の重要な局面である30代と赤ら顔の関係

30代は人生の重要な転機といわれます。
とくに現代社会では女性の晩婚化、さらに女性の貧困層の拡大が進んでおり将来への不安がつきまといます。

独身の場合はこのまま1人で生きていくのか、生活していけるのかといった不安が絶えず付きまといますし、結婚していても経済状況や子育て、夫婦関係への不安など悩みはつきません。
こうした不安が絶えず付きまとうことで自律神経を不安定にし、赤ら顔が慢性化しやすい状況を作ってしまうのです。

もうひとつ、30代の赤ら顔の原因で注意しておきたいのがホルモンバランスの乱れです。

まだ年齢的にそれほど問題にはなりませんが、不規則な生活習慣が原因でホルモンバランスが乱れてしまうケースが増えてきます。
このホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れの原因となったり、皮脂の分泌量の増加や免疫力の低下などによる肌トラブルの引き金ともなります。

若さに頼ってはいけない

まだまだ若いと思って20代の頃と同じようなライフスタイルを送っていると体がついてこれなくなり、その負担からホルモンバランスが崩れてしまう恐れもあるので注意しましょう。
30代になったらスキンケアだけでなく、生活習慣全般で年齢を意識した環境作りを整えていくことが必要になるでしょう。
そしてそれが赤ら顔の予防・対策に結びつくはずです。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ