20代で赤ら顔に悩んでいる人が覚えるべきこと

20代は基本的には赤ら顔が起こりにくい年代です。
10代の頃に比べてニキビなどの肌トラブルがひと段落する時期ですし、心身とも健康な状態にあるので赤ら顔の原因を抱えにくいのです。
にも関わらず現代社会では20代で赤ら顔が生じる人が増えているといいます。

冷えのぼせとは

その大きな原因といわれてるのが「冷えのぼせ」です。
これはその名称の通り、体は冷えているにも関わらずのぼせの症状が見られるもので、手足など末端部分は冷えている一方、顔にはのぼせが生じて赤みが生じてしまっています。
この両極端の症状が同時に見られるのには心身の複雑なメカニズムが関わっています。

まず冷え性による血行不良。
冷暖房が効いた環境で過ごすため体温調節が上手くできなくなったり、体を冷やす食べ物やダイエット目的の無理な食事制限のため現代の女性は体が冷えやすい環境にあるといわれますが、

その結果、血行不良が生じやすいのです。
そして血行不良の影響は血液が巡りにくくなる末端部分に真っ先に現れ、水分の代謝がうまく機能しなくなることで末端部分の冷えやむくみが起こります。

さらにこの水分代謝機能の異常による冷え・むくみが今度は自律神経の乱れをもたらし、交感神経が優位になることでつねに興奮状態に陥り、顔ののぼせをもたらすのです。
血行不良、冷え、むくみ、そして自律神経の不調。

どれも現代女性によく見られる悩みです。

悪化しやすく慢性化する赤ら顔

これらが絡み合うことで冷えとのぼせの症状が同時に起こってしまうわけです。
しかも厄介なことにこれらの要因が症状を進行させる悪循環を作ってしまうため、一度症状が現われるとどんどん悪化していってしまいます。
そして慢性化することでつねに赤ら顔の状態になってしまうわけです。

この冷えのぼせの悪循環だけでなく、これまで挙げてきた原因が単独で赤ら顔の原因になるケースももちろんあります。

特に注意したいのはやはり自律神経の乱れでしょう。
ストレスや疲労の蓄積だけでなく、女性の場合はホルモンバランスの乱れも自律神経を乱す要因となるため、知らず知らずのうちに不調を抱えてしまっているケースが見られます。

20代の場合は夜更かしや偏った食生活のほか、無理な食事制限など日常の生活習慣の中で自律神経を乱す要因を作ってしまいがちですから、その点も考慮したうえで対策を行っていく必要があります。

赤ら顔予防のためにも睡眠時間はしっかり確保するべき

とくに冷えのぼせと関連が深いといわれているのが睡眠環境の乱れです。
純粋な睡眠時間の不足だけでなく、不規則な睡眠環境から不眠や睡眠障害に陥っている場合にも冷えのぼせの原因となります。

睡眠環境の乱れは自律神経の乱れにも結びつくため、規則正しく充実した睡眠環境が求められます。

肌トラブルによる赤ら顔は起こりにくい一方、こうした複雑な事情が伴う原因による赤ら顔が起こりやすくなるため、若いからといって油断は禁物です。
赤ら顔だけでなく、時々のぼせの症状が見られたり、冷えによるむくみに悩まされている人は赤ら顔にまで進展しないよう、早い段階で対策を行っておいた方がよいでしょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ