10代で赤ら顔に悩んでいる人が覚えるべきこと

10代に赤ら顔に悩まされるケースも良く見られます。
この時期の赤ら顔はかわいらしい印象もありますが、本人にとっては大きな悩みです。
頬に赤みが生じた状態は確かにかわいらしい面もありますが、つねに赤みをさした状態や、赤みが強すぎる状態ではやはり不自然に見えてしまうものです。

10代の赤ら顔は対策しやすい

10代の赤ら顔の悩みは20代以降に比べて原因が比較的シンプルなため、対策を行いやすい面もあります。
20代以降になると不規則な生活習慣やホルモンバランスの乱れ、ストレスの蓄積、さらに体の老化といった複雑な要素が原因に絡んでくるのですが、若くて健康な10代にはこういった点はほとんど問題にはなりません。

また、複数の原因が複雑に絡み合って対策が困難になるといったケースもそれほどないので対策を立てやすいのです。

一番の原因はニキビ

10代の赤ら顔の原因としてまず挙げられるのが肌トラブル、とくにニキビによる炎症です。
炎症の赤みが広い範囲に広がってしまうことが多いのです。
これは思春期ニキビに代表されるように成長期ならではの悩みでもあります。
この時期は成長ホルモンの分泌が活発なため、皮脂の分泌量が多くなります。

そのため毎日しっかり洗顔を行っても過剰な皮脂を除去することができずに毛穴を詰まらせてしまい、ニキビの原因となるアクネ菌をはじめとした細菌のエサとなって増殖を促してしまうのです。
思春期ニキビは大人になれば自然に収まるとよく言われる一方、それまでの間は対策を行うのが難しいため、日ごろから皮脂対策とスキンケアをしっかり行っておくことが重要になるでしょう。

脂の多い食事に注意

なお、皮脂の過剰分泌とニキビには日ごろの生活習慣も関わってきます。
とくに10代で注意したいのが糖分と脂分の過剰摂取です。

スナック菓子やジャンクフードの摂取量が多い年代ですし、友達同士でファーストフード店でこれらの食材を食べる機会がどうしても多くなります。
こうした習慣が皮脂の分泌量を増やしてニキビと炎症の原因となり、赤ら顔をもたらしてしまっていることもあるので注意したいところです。

人間関係を始めとするメンタル面の問題

もうひとつの注意点はメンタル面の問題です。
この時期は大人とは違った意味で人間関係に悩みを抱えやすいものです。
周りの評価を過剰に気にしたり、外見の悩みを抱えるものですし、好きな異性ができると恥ずかしい思いや不安を抱えてしまいます。

ただでさえまだ成長途上で自律神経が安定化していない状況でこうした精神面の揺れ動きがあると自律神経の乱れによって顔の紅潮やのぼせ、さらには赤ら顔が起こりやすくなります。
さらに赤ら顔の悩みがコンプレックスとなり、ますます治りにくい状態になってしまうこともあります。

このように、肌トラブルがもたらす原因と過敏で喜怒哀楽が激しいメンタル面がもたらす原因の2つを抱えているのが10代の特徴です。
しかもこの時期の赤ら顔の悩みは消極的な性格や引きこもり傾向など人格形成にも影響を及ぼす可能性もあるため、本人だけでなく親も十分に配慮したうえで対策をしっかりと行っていくことが大事です。
大人になれば自然に収まる、といった楽観的な考えではなく、今現在の悩みを解消していけるような対策を考えていきましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ