飲酒が原因の赤ら顔の改善方法

はじめから禁酒はかえってストレスに

飲酒が原因の赤ら顔の改善方法はまずなんと言っても禁酒です。
当たり前ですが、お酒好きな人にとってはこれがなかなか難しいものです。

また、お酒そのものは血行をよくする働きがあり決して有害というわけではありません。
人によってはストレス解消の大事な手段にもなっているはずです。
ストレスも自律神経を乱すなど赤ら顔の原因となるため、お酒と上手く付き合いながら赤ら顔を改善していく対策が求められます。

まず禁酒ではなく節酒を心がけること。
摂取量の目安は人によっても異なりますが、これまでより少し減らしてみましょう。
酩酊状態になるまで飲むのは避け、心地よいほろ酔い加減で留めておくだけでもずいぶんと違ってきます。
目安としてはお酒を飲んだ時に顔が赤くなるかどうか。
いつもお酒を飲んだ時に顔が赤くなっている人はそうならない程度にまでお酒の量を控えた方がよいでしょう。

 

休肝日を設けよう

飲む時の量を減らすだけでは十分な改善方法とはいえません。
飲酒がもたらす赤ら顔の原因には肝臓への負担もあるからです。
肝臓には摂取したアルコールを分解する働きがありますが、飲酒量が多いとその負荷が大きくなってしまいます。

その結果、疲労や障害による機能低下が行ってしまうと血液の流れが悪くなり、血行不良による赤ら顔の原因を作ってしまいます。
ですから、お酒の量を減らすだけでなく、「休肝日」と呼ばれる肝臓を休ませる日を用意することが大事です。2~3日に1日くらいの割合でお酒を飲まない日を確保するよう心がけましょう。

 

肝臓に良い食事を

また、お酒同様に肝臓に負担をかける脂っこい食事をできるだけ避けることも大事なポイントです。
お酒のつまみを工夫するのはもちろん、日々の食生活のなかでも肝臓をいたわる環境を心がけましょう。

さらに肝臓機能をサポートする食材の摂取もおすすめです。
レバーが有名ですが、他にもしじみや梅干しなども肝臓の働きを助ける働きがあるのでこちらも食生活に積極的に取り入れていきましょう。
これらの食材にはビタミンB群が豊富に含まれているため、ビタミン剤やサプリメントなどで意識的に摂取していく方法もあります。

 

水分補給も忘れずに

もうひとつ忘れてはならないのが水分摂取。
アルコールには脱水酵素が含まれており、お酒ばかりを飲んでいると脱水症状を引き起こします。
それを防ぐためにもお酒ばかりを立て続けに飲むのではなく、途中で水を飲む習慣をつけましょう。

また、お酒を飲み終わった後には500ミリリットル程度の水を補給すると水分不足を防ぐことができます。
水分が不足すると血行不良をもたらすので要注意です。

このように、禁酒をしなくても赤ら顔の改善方法があります。
お酒が好きな人はその楽しみを失わない程度にうまく行っていくとよいでしょう。
お酒が血行不良とストレス解消に役立ち、赤ら顔対策にプラスになるような付き合いを目指したいものです。
今回取り上げた改善方法は決して難しくないものだけにすぐにでも日々の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ