赤ら顔改善におすすめの漢方

漢方薬で赤ら顔の改善

漢方薬の効能やメリットに注目が集まっていますが、赤ら顔の改善においても期待されています。
漢方薬に注目が集まっている理由の一つが根治療法であること。
西洋医学では対症療法の面が強いのに対し、東洋医学では疾患の原因から改善することで治療を目指していく特徴が見られます。
肌トラブルの場合は心身の健康状態が複雑に絡んで発症することが多いため、対症療法では十分な効果が得られないことが多いだけでなく、一度治っても再発しやすい難点があります。

また、西洋医学の薬は即効性に優れている一方、副作用のリスクが伴う点も忘れてはならないでしょう。
とくに炎症が原因で赤ら顔になってしまっている場合、肌が刺激に対して非常に敏感な状態となっているため、副作用のリスクがとりわけ大きな問題となるのです。

こうした事情から漢方薬に赤ら顔の改善効果が期待されているのです。
ただし、実際に赤ら顔対策に役立てていく場合には適切なものを選ぶことが何よりも重要です。
もともと赤ら顔は血行不良からニキビによる炎症、さらには自律神経、ホルモンバランスの乱れまでさまざまな要因によって生じます。
それぞれの対策にあった漢方を使用しない限り、十分な効果は期待できません。

代表的な漢方薬

代表的なところを見てみるとまず毛細血管の拡張による赤ら顔改善に役立つ漢方がいくつか挙げられます。「知柏地黄丸(ちばくじおうがん)」「天王補心丹(てんのうほしんたん)」「滋陰降火湯(じいんこうかとう)」といった種類は緊張や興奮、不安によって生じるのぼせや紅潮を抑える効果が期待できます。
人前に立った時や異性と接する時に過剰に緊張して赤ら顔になってしまう人にお勧めです。

それから「温経湯(うんけいとう)」「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」といった漢方は血行改善に役立ちます。
血行不良がもたらす毛細血管の拡張やうっ血による赤ら顔の改善に役立ちます。
これらが原因の赤ら顔はとくに慢性化しやすく、スキンケアでの改善がなかなか難しい面もあるだけに高い効果が期待できそうです。
赤ら顔だけでなく冷え性やむくみの改善、とくに若い女性に増えていると言われる「冷えのぼせ」の対策にも役立つでしょう。

 

脂性肌に効く漢方薬

もうひとつ、脂性肌対策に役立つ漢方薬も見ておきましょう。
「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」という種類で、皮脂の分泌量を抑制する効果があります。
過剰な皮脂が毛穴を詰まらせることで酸化し、細菌のエサになることで炎症による赤ら顔の原因となります。
体質的に脂性肌の人の改善策として役立つでしょう。
こうした漢方薬は西洋医学の医薬品に比べると即効性においては劣るため、服用をはじめてすぐに効果が確認できるというわけにはいきません。

しかし安全に使用でき、赤ら顔の原因を根本から改善していく対策として日々の生活の中で役立ってくれるはずです。
自分の赤ら顔の原因を把握したうえで専門家のアドバイスなども受けながら自分にピッタリの漢方を見つけてみてはいかがでしょうか。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ