赤ら顔改善におすすめの基礎化粧品

赤ら顔はスキンケア次第でかなり改善していくことができます。
逆に誤ったスキンケアが赤ら顔を悪化させてしまったり、生活習慣の改善による効果が十分にあらわれないような状況にしてしまっている可能性もあります。

 

赤ら顔改善の一歩は基礎化粧品から

そんなスキンケアの基本となるのが基礎化粧品です。
肌の健康状態を維持するための基本的な選択肢となるだけに、適切なものを選ぶことが赤ら顔対策においても基本となります。

まず赤ら顔改善におすすめの基礎化粧品として挙げられるのが毛細血管の拡張を防ぐ効果を持つ成分です。
緊張や不安、恥ずかしい思いをした際に顔がすぐに赤くなってしまう人、寒いところから暖かいところに移った時に赤くなりやすい人は毛細血管が拡張しやすい状態にあります。

これは体質的な面もありますが、生活習慣や老化などの原因で血液の流れが滞ってしまっている可能性もあります。
血行が悪くなっているからこそ、血液を流すために血管が広がってしまうわけです。

ビタミンKが赤ら顔改善に効果あり

そこで血行促進効果を備えた基礎化粧品がお勧めです。
赤ら顔にもっとも優れた効果があると言われているのがビタミンKです。
聞き慣れない成分名かも知れませんが、血栓など血液を詰まらせる要因を排除して血行を改善する効果があります。

他にもナイアシンアミド、ユーカリエキス、アシタバエキス、セージエキスなどの成分も血行の改善に役立つので配合されている基礎化粧品を探してみるとよいでしょう。

ニキビや乾燥肌にはビタミンC誘導体

それからニキビ肌や乾燥肌が原因による炎症で赤ら顔になっている人は消炎作用を備えた基礎化粧品が重要です。
ニキビ肌の人にはまずビタミンC誘導体がお勧めです。

優れた抗酸化作用でおなじみですが、皮脂の分泌量を抑制する効果や、コラーゲンの生成を促し、肌のターンオーバーを活性化させる作用も備えています。
皮脂の過剰に分泌による毛穴の詰まりや炎症の進行による肌の赤みや色素沈着を予防・改善していくのに役立つのです。

それから乾燥肌に悩まされている人はビタミンC誘導体に加えてセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分も重要です。
乾燥は肌の内部でこれら保湿成分が失われていくことで進行していきます。
そのため外から補い、水分を保ちやすい状態を心がけるわけです。

乾燥はバリア機能の低下をもたらして炎症が出来やすい状態にしてしまうのでこの点が特に重要です。
そしてニキビ肌、乾燥肌両方に共通するのが炎症を改善する成分、サリチル酸やグリチルリチン酸2K、あるいはハトムギエキスなどが優れた消炎作用で知られています。

紫外線対策は怠らずに

最後に紫外線対策効果。
これはあらゆるタイプの赤ら顔にも欠かせないため、UVカット効果に優れた基礎化粧品探しも欠かせません。

まずは何といっても原因となる肌トラブルを改善すること。
加齢による老化が関わっている場合にはプラセンタやEGFといった抗酸化成分も基礎化粧品で補うとよいでしょう。
自分の赤ら顔がどんな原因で発生しているのかを確認しつつ、その解消に役立つ基礎化粧品を選んでいくよう心がけましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ