赤ら顔改善におすすめのファンデーション

赤ら顔の悩みはファンデーションでカバーすることもできます。
うっ血やニキビなどさまざまな要因で生じる赤ら顔はなかなか根本から改善して行くのが難しいものです。
そんななかなか改善されない赤ら顔をうまく隠すのも大事な対策のひとつといえます。

ただし、赤ら顔にファンデーションを使用する際にはいくつかの注意点があります。

 

肌環境を事前にチェック

まず肌がメイクできる環境かどうかを確認しておくこと。
ニキビやアトピー、あるいはストロイド剤の副作用などによる炎症がきっかけで生じている場合、肌が刺激に敏感な状態なのでファンデーションの使用は適しません。
まず炎症がちゃんとおさまっているかどうか、刺激に敏感な状態になっていないかを確認しておきましょう。

 

厚塗りをしないように

もうひとつの注意点は基本中の基本、厚塗りを避けること。
ニキビや毛穴の黒ずみ以上に顔の赤みは目立つため、どうしてもファンデーションで覆い隠そうと厚塗りしてしまいがちになります。
メイク全般が不自然になるだけに留まらず、肌に負担をかけてニキビの再発やアトピーの発症といった問題を引き起こしてしまうことになります。

この点についてはファンデーションの色選びも深く関わってきます。
赤い肌をカバーする際にはどうしても肌を白くしようと考えてしまいがちです。

しかし白のファンデーションを使用するとかえって不自然になってしまいます。
肌を白く見せようとするとどうしても厚塗りになってしまうこと、首と顔の部分との境界線が鮮明になって不自然になってしまうことなど、逆効果になりやすいのです。
大事なのは白く塗りつぶすことではなく、赤みを自然と目立たないように「見せる」こつなのです。
実際に白くする必要はなく、あくまで赤く見えないようなメイクを行っていくことがポイントとなります。

 

おすすめのファンデーション

そんな赤ら顔改善におすすめのファンデーションがグリーン系です。

赤みを帯びた顔にグリーン系のファンデーションを使用するといわれると驚く人もいるかもしれませんが、これが非常に重要なポイントとなります。
これも人の目に見せる効果と深く関わります。
赤と緑を組み合わせると黄色に見えます。
日本人は黄色人種ですから、この組み合わせによって自然な肌の色に近くなり、全体的に目立たなくなるわけです。

また、コントロールカラーやコンシーラーとうまく組み合わせることで肌に負担をかけずにより効果的にカバーしていくことも可能です。

その際には必ず化粧下地を使用すること。
化粧下地は薄めの色を選び、コントロールカラー、コンシーラーもファンデーション同様グリーン系から黄緑系ものを選びます。
ファンデーションが肌にもたらす負担を考え、コントロールカラーとコンシーラーをうまく活用しながらファンデーションを使用する量をできるだけ少なくするのもポイントです。
理想としてはかるくひと塗りする程度で済ませたいところです。

こうしたコツを踏まえておくだけでも自然に赤ら顔をカバーすることができます。つい厚塗りしてしまいがちな人も試してみましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ