赤ら顔は顔の炎症が原因の一つ

赤ら顔にはいくつかの原因があり、予防・対策を行っていく場合にはきちんと原因を把握したうえで適切な方法を行っていく必要があります。
そんな赤ら顔の主な原因の一つが炎症です。

ニキビをはじめとした肌トラブルで炎症が生じ、それが広がっていくことで赤ら顔が生じます。
そのため炎症の拡大状況によってごく一部が赤くなっているのみの段階から、顔全体を覆ってしまっている段階まで、症状に大きな差が見られることもあります。

顔に炎症が生じるのは肌になんらかのダメージが生じたのが原因です。

 

肌のダメージの代表はニキビ

その典型的な例がニキビです。
皮膚に常在しているアクネ菌が増殖することでそれに対する防御反応から炎症が生じます。
他にも脂漏性皮膚炎の原因とされるマラセチアなど他の細菌の増殖によって炎症が生じることもあります。

ただし、こうした直接的な原因よりも細菌を繁殖させてしまうような肌環境に注意が必要です。
アクネ菌がもともと肌に生息していることからもわかるように、健康な肌環境なら細菌が増殖することもなく、炎症が発生することもありません。
問題なのは本来は細菌の増殖を押さえ込んでいる免疫機能が何らかの原因によって低下してしまうことなのです。

炎症対策はこの免疫機能の改善・維持にかかっているといっても過言ではないでしょう。
まず紫外線のダメージ。
紫外線は肌の乾燥と老化の原因となるうえ、年齢を重ねるにつれ浴びた時のダメージが大きくなりますから、日ごろからしっかりと紫外線対策を行っておくことが欠かせないのです。

 

肌の老化

それから肌の老化。
紫外線のダメージとも関わってきますが、年齢を重ねると活性酸素の量が増加し、皮膚細胞を酸化させることで老化を進めてしまいます。
老化はどうしても避けられないものですが、抗酸化成分など活性酸素を防ぐ対策を行うことで進行を遅らせることは可能です。

 

乾燥に注意

そしてもうひとつ重要なポイントが乾燥です。
誤ったスキンケア、とくに汚れを落とそうと神経質になってゴシゴシと強く擦って洗ったり、肌に合わない刺激の強い洗浄成分を使用した際に乾燥が進行してしまいます。

現代社会ではこうしたケースで乾燥に悩まされる人が多いのです。
水分が失われることでバリア機能も低下し、細菌が増殖しやすい環境を作ってしまうだけでなく紫外線のダメージにも晒されやすくなる最悪のパターンを作ってしまいます。

 

厄介なアトピー

近年増えているケースとしてはアトピーをはじめとしたアレルギー症状も大きな問題です。
こちらはスキンケアを普通に行っているにもかかわらずアレルゲンと接触することで炎症が発症してしまいます。

特に厄介なのは、よかれと思って使用しているスキンケアにアレルゲンが含まれているケース、みすみす炎症を起こし赤ら顔の原因を作ってしまっている可能性もあるのです。
赤ら顔に悩まされている人はこうした肌の炎症をもたらす環境を日々の生活の中で作ってしまっていないかどうかを改めて確認していく必要がありそうです。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ