赤ら顔は遺伝するのか

赤ら顔は遺伝します

様々な原因がある赤ら顔ですが、遺伝するという可能性はあるのでしょうか。

結論から言うと、赤ら顔は遺伝する可能性があります。
親が皮膚の疾患を持っていたり、肌が白かったりすると、子供も同じような疾患を持っていたり色白で生まれてくることがあると思います。
赤ら顔の原因の一つとして皮膚が薄く毛細血管が透けて見えるということがあるので、親の肌が薄かったりすると、同様に子供に遺伝する可能性は十分にあります。

このように遺伝していた場合、子供のころから赤ら顔になっている人も多く見受けられます。
先天性の赤ら顔の場合は子供のころから発祥してくる可能性が高いと考えてよいでしょう。

遺伝でも赤ら顔を治すことを諦める必要はない

しかし、遺伝だからと言って赤ら顔を治すことを諦めてはいけません。
食生活をはじめとした生活習慣やメイク、スキンケアによって赤ら顔を改善することは十分に可能です。

また、小さい時は赤ら顔だったけど思春期や大人になったら気にならなくなった、大して赤くなることがなくなった、等の改善することもあります。
親も赤ら顔で自身も赤ら顔だと、遺伝による要素が強いので何をしても無駄だと考えて治療を諦めてしまう人も多くいます。
先天的でも後天的でも赤ら顔は改善できる余地があるので、遺伝だからといって何をしても無駄だと考えるのはやめましょう。

必ず遺伝するとも限らない

尚、親が赤ら顔だからと言って、子供に必ず遺伝するとは限りません。
この辺りは他の疾患等と同じで遺伝することもあれば遺伝しないこともあります。
(赤ら顔が遺伝するというよりは肌質が遺伝すると言ったほうが正しいのかもしれませんが)

そのため、「小さい頃に赤ら顔じゃなかったけど、大きくなったら赤ら顔になった」というような状態であれば、遺伝を疑うよりも自身の生活習慣やスキンケアを最初に疑ったほうがよいでしょう。
自分で改善できることを改善していっても赤ら顔のままだったときに、疾患や遺伝を疑いましょう。
何もしないで遺伝と決めつけるよりもまずは自分でできる努力をして改善に努めることが重要です。

結局は赤ら顔の改善は努力するべき

まとめとしては、赤ら顔は遺伝します。
しかし、遺伝だろうがそうでなかろうが、まずは改善する努力をするべきなのです。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ