赤ら顔の改善に役立つ栄養素

顔が赤くなってしまう赤ら顔の症状に頭を悩ませている人は多いかと思います。
原因には様々な要素がありますが、赤ら顔は基本的には肌トラブルが原因で起きています。
そのため、お肌の手入れは予防の面でも、既に赤ら顔になってしまっている人の症状改善にも効果的です。

お肌のお手入れの中で意外と見落としなのが、しっかりとした食生活とスキンケアに効く栄養素の補給です。
肌を構成する皮膚は新陳代謝とともに何度も生まれ変わっていく体の一部です。
しっかりと栄養を取ることで美しい皮膚が構成され美肌を保つことができるのです。
逆に皮膚を作るときに栄養がしっかりと行き渡っていないと、荒れた肌を作る肌トラブルの元になります。
バランスの良い3食の食事と以下の栄養素を意識して体の中から美しい肌を作りましょう。

 

赤ら顔改善におすすめの栄養素のまとめ

ビタミンC

美しい肌を作るために欠かすことのできない栄養がビタミンCです。
コラーゲン生成の手助けや肌の免疫力を高めてくれる効果があります。
シミやくすみといったメラニン色素にも効き目があります。
また、過剰な皮脂分泌を抑制したり、にきびの炎症にも効果的です。
以上のようにビタミンCは肌にとても良い栄養素です。
ビタミンK
あまり聞き慣れないビタミンKですが、実は赤ら顔の改善に大きな効果がある栄養素です。
ビタミンKは血液凝固に効果を発揮してくれる栄養素で、滞りがちな血流を促進し、鬱血の改善や毛細血管の拡張を抑えてくれます。
赤ら顔の「赤み」は主に、皮膚の下にある毛細血管が透けてしまい赤くなって見えてしまうものです。
「赤み」そのものである毛細血管の働きを改善することができるので赤ら顔の改善には最適な栄養素と言えるでしょう。

 

ビタミンE
ビタミンEには抗酸化作用があります。
紫外線を浴びることにより活性酸素という物質が体内で発生します。
この活性酸素はコラーゲン線維を破壊しシワやたるみなどの原因になります。
ビタミンEはこの活性酸素を減少させる物質を増加させることができるのです。
また、皮脂の酸化を防止し、肌を保護する「バリア機能」は肌が薄い赤ら顔にとって大きな効き目があるでしょう。
他にも血行促進による新陳代謝の促進や冷えにも効果があります。

 

コラーゲン
コラーゲンは肌繊維状のタンパク質のことで、肌の水分を保ったり細胞同士を繋ぐ役割があります。
肌の土台である真皮の約70%はコラーゲンでできていて、ハリや弾力を保つにはとても重要な栄養素です。
コラーゲンは加齢とともに体内での生成量や質が低下していくので、しっかりと外からも補給する必要があります。

 

亜鉛
亜鉛はにきびの改善に役立つと言われている栄養素です。
にきびの脂質に効果的で、亜鉛不足になるとにきびが悪化することもあるようです。
普段の生活では意識して取ることが少ない栄養素なのでしっかりと補給しましょう。
上記が特に赤ら顔に効果的な栄養素ですが、美肌へ必要な栄養素は他のビタミンやミネラル、タンパク質、水分など、結局は普段バランスよく取る必要があるものばかりです。
赤ら顔に効果的な栄養素ばかりとるのではなく、栄養バランスの良い食生活を心掛けましょう。

 

その他

また、冷えによる赤ら顔や症状の悪化に対して、体を温める食品も効果的です。
特に冬などは赤ら顔で悩んでいる人の悩みをさらに深くしてしまう季節です。
生姜、梅干し、はぶ茶などの体を温める効果のある食品を取ると冬の赤ら顔に効果を発揮してくれるでしょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ