赤ら顔の原因に飲酒

アルコールは血管を拡張する

お酒を日常的に飲んでいる人は赤い顔をしています。
お酒を常用してる人はと聞くと、とくに鼻の頭が赤いイメージを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
このように、赤ら顔の背景には飲酒の習慣が潜んでいる可能性があります。

アルコールは血管を拡張し、血行を良くする働きがあります。
そのため適量を飲めば、血行不良を改善するという効果も期待できるわけです。
お酒を飲むとすぐに赤くなってしまうという人は、もともと血行がよく、アルコールの効果が得やすいからと言えるでしょう。

ですから、お酒を飲んで顔が赤くなることそのものは決して悪いことではないのですが、一日中飲み続けている状態だと、つねに顔が赤く、赤ら顔の状態になってしまうので注意が必要です。
さらにそれが慢性化すると、お酒を飲んでいない間も毛細血管が拡張した状態で赤ら顔が日常化してしまうのです。

 

飲みすぎは肝臓へダメージを与える

しかし、アルコールがもたらす赤ら顔の原因はそれだけに留まらないと言われています。
とくに注意が必要なのが、肝臓へのダメージ。
飲酒で摂取したアルコールは肝臓で分解され、老廃物は尿となって外へと排出されていきます。

そのため、アルコールの摂取量が多い人は肝臓がフル回転で活動しなければならず、負担がかかりすぎて疲労してしまったり、何らかの異常が生じてしまう恐れがあります。
肝臓はアルコールだけでなく、体内の不純物を分解する働きを担っているため、機能が低下すると全身に影響が及びます。
疲れやすさ、だるさはその代表格ですが、血液循環の乱れも大きな問題です。
血液の流れが悪くなることで顔の血流も悪化し、うっ血状態から赤ら顔へと進行していくケースもあるのです。

 

脱水症状からの赤ら顔

もうひとつ、飲酒がもたらす赤ら顔の原因としては、脱水症状が挙げられます。
意外に思う人も多いかもしれませんが、アルコールを飲みすぎると水分不足の状態に陥ってしまうのです。
これはアルコールに脱水酵素が含まれていることが要因です。

そのため、お酒ばかりを飲んでいると脱水症状に近い状態となり、血流の停滞が起こり、赤ら顔につながってしまうことになります。
お酒を飲んだ翌日、目が覚めると咽喉がすごく渇いていた経験がないでしょうか。これも脱水酵素による影響だといわれています。

 

腸内環境の悪化からニキビ等の炎症へ

その他にも腸内環境の悪化も原因として考えられます。
もともと腸が弱い人はもちろん、暴飲暴食が原因で腸の健康状態が悪化してしまうケースも少なくありません。
腸は全身の免疫機能と関わっているため、健康状態の悪化が肌荒れやニキビといった炎症をもたらす要因にもなります。
つまり、血行不良と炎症という、2つの赤ら顔の要因を飲酒が作ってしまう恐れがあるわけです。

このように、赤ら顔の原因には飲酒が潜んでいる可能性があります。
とくに肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、異常が生じてもなかなか自覚症状があらわれにくいため知らず知らずのうちに症状が進行してしまっている恐れがあるので注意が必要です。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ