赤ら顔の原因に緊張

赤ら顔は赤面症にも通じる面があります。
恥ずかしい思いをしたり、緊張した際にはだれでも顔が紅潮しますが、赤面症はあくまで一時的な症状なのに対し、赤ら顔の場合は顔の赤みが慢性的になってしまった状態なのです。

そのため、過度な緊張が赤ら顔の原因となっている可能性もあります。
赤ら顔といえば血行不良やうっ血による血管の拡張やニキビをはじめとした肌の炎症がおもな原因として挙げられますが、そうした肌のトラブル以外にも精神面の変化や問題がきっかけとなって生じることも多いのです。

自律神経の乱れにより緊張状態となる

緊張が引き金になるのは主に自律神経の乱れによるものです。
緊張や不安を感じると自律神経のうち交感神経が優位になります。
この交感神経には血管を収縮させる効果があるため、血行不良をもたらします。
その結果顔に赤みが生じてしまうのです。

もう少し詳しく見てみますと興奮・緊張状態に陥るとドーパミンという物質が脳内で分泌されるようになります。
この物質が交感神経を優位にして興奮状態と血管の収縮をもたらすわけです。

赤ら顔は慢性化してしまう

赤面症の場合は一時的なのに対し赤ら顔は慢性化してしまうのはこの交感神経が優位な状態が継続してしまうからです。
慢性的な緊張・興奮状態が続くと血行不良も慢性化してしまい、赤みが収まらなくなります。

注意したいのは不安な精神状態も交感神経を優位にする大きな要因となる点です。
緊張というと人前で話したり、気になる異性と接する時に感じるといった一時的に急激に高まるものとのイメージがありますが、不安状態も心身に緊張状態をもたらす大きな要因です。

しかも一時的な緊張とは異なり、長く継続してしまうことも多いのが大きな問題点といえます。
大事な商談や会合、あるいは発表などを控えて数日前から緊張状態に陥るといったケースはともかく、特に緊張をもたらすような不安材料がないにも関わらず漠然とした不安を抱え続けている人が増えています。

とくに現代社会は先行きが不透明なため、将来に対して漠然とした不安を抱え続けてしまう人が多いといわれています。

赤ら顔への不安から精神状態が緊張してしまう

もうひとつ、注意したいのは赤ら顔そのものへの不安が緊張状態をもたらしてしまうケースです。
初対面の人や異性と会う時に自分の赤ら顔が気になってしまう、あるいは相手にどう思われているのが不安になる、といった精神面の負担が過度な緊張・不安状態をもたらしてしまうのです。
つまり赤ら顔が原因でますます症状が悪化してしまうわけです。

特に気になる異性と接する時にこの傾向が強くなるので注意が必要です。
最悪の場合赤ら顔が原因でコンプレックスになってしまい、赤みがいつまで経っても治らないどころか人前に出られなくなったり、コミュニケーションがとれないといった事態に陥ってしまう恐れもあります。

このように、赤ら顔には肌トラブルではなく緊張がもたらす不安定な精神状態が原因が潜んでいる可能性もあります。
赤ら顔に悩んでいる人はこの点も考慮に入れた上でストレスやコンプレックスの改善といった対策も行っていきましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ