赤ら顔の原因にアルコール

アルコールが慢性的な赤ら顔の原因になることもある

赤ら顔の原因にアルコールが潜んでいる可能性もあります。
もともとお酒を飲むと顔が赤くなりますが、日常的にお酒をよく飲む人は赤い状態が慢性化してしまっていることも多いでしょう

お酒は血管を拡張させて血行を促す効果があるので、赤くなるのはごく自然な反応なのですが、お酒の量によっては赤ら顔だけにとどまらず、健康にさまざまな害をもたらしてしまう恐れがあります。

問題なのはお酒の影響で血管が拡張しただけでは済まない可能性があるということです。

肝臓疾患を引き起こす可能性

その中でもとくに怖いのが、肝臓の疾患。
アルコールを飲みすぎると肝臓を悪くするとよく言われますが、それは肝臓が摂取したアルコールの分解を行っているからです。
摂取量が多いと分解作業の負担も大きくなるため、疲労が蓄積して機能が低下したり、疾患が生じます。

そんなアルコールがもたらす肝臓疾患の中でも、もっとも多いのが脂肪肝。
これは食べすぎとも深く関わってくるため、特に現代社会に増えている病気です。

それから肝硬変も大きな問題です。
こちらは、長期間にわたって飲酒の習慣を続けた際に起こるケースが多い病気です。
あるデータでは、日本酒7合を毎日15年以上飲み続けた人の50パーセントにこの病気が見られるといいます。

肝機能の悪化は血行の悪化に繋がる

こうした肝臓の病気によって機能が低下すると、血行が悪化してしまいます。
この臓器はアルコールの代謝だけでなく、全身の解毒作用も備えています。
体内に含まれている毒素を分解し、老廃物として尿などの形で体外へと排出させる働きがあるのです。

そのため機能が低下していると毒素を回収・分解することが出来ず、血液の中に留まり続けてしまいます。

その結果、血液がドロドロの状態になってしまい、血行が悪化してしまうのです。
血液の流れが悪くなるとうっ血状態に陥り、皮膚表面に浮かび上がることで赤ら顔の大きな原因となります。

アルコールは水分不足を引き起こす

それから水分不足による血行不良も、アルコールがもたらす赤ら顔の原因として注意が必要です。
アルコールを摂取しているのだから水分不足に陥るわけがない、と思う人も多いかもしれませんが、アルコールには水分を失わせる脱水酵素が含まれています。
そのため、飲めば飲むほど体内の水分が失われていく面があるのです。

またお酒を飲んでいる間に何度もトイレに行きたくなる人も多いでしょう。
アルコールによる利尿作用によって、知らず知らずのうちに水分が失われて脱水症状に陥ってしまうこともあります。

水分は血液循環に欠かせないものです。
女性の冷え性やむくみがじつは水分不足と深く関わっているように、赤ら顔も水分不足が大きな要因となっている可能性があります。
この点は気づかずに過ごしてしまっているケースがとても多いだけに注意が必要でしょう。

まず肝臓の病気に注意すること、この臓器は一度機能が低下すると回復するのが大変困難なため、早い段階で気づくことが大事です。
そのうえで血行不良がもたらす赤ら顔の対策を行っていくとよいでしょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ