赤ら顔の人に有効な洗顔方法

赤ら顔の大きな原因となるのが敏感な肌です。
これはアトピーのようなアレルギー体質やニキビを起こしやすい肌とも関わってきますが、刺激に敏感になっているのでちょっとしたきっかけで炎症を起こしてしまいやすいのです。
一度炎症が起こると広範囲に赤みが広がってしまうだけにとどまらず、肌の内部にまでダメージをもたらしてしまいます。

その結果、色素沈着によるニキビ跡、さらには皮膚の内部に生じたうっ血状態によって赤みがなかなか治らずに残ってしまうケースもあります。

それだけに日ごろから肌に負担をかけないように、そしてできるだけ刺激に敏感な状態を改善できるようなスキンケアが求められます。
その基本となるのが洗顔です。

洗顔はスキンケアの基本

洗顔は汚れを落とす重要な日々の習慣です。
にも関わらず正しい方法で行われていないことも多く、この基本的なスキンケアの習慣がそもそもの肌トラブルの原因となってしまっているケースも見られます。
とくに現代社会は清潔意識が過剰になっており、洗いすぎによる肌への負担が大きな問題となっています。
肌に優しく、低刺激な洗い方、これが赤ら顔の人に有効な洗顔方法の大前提となります。

お湯の温度を要チェック

まず最初に踏まえておきたいのがお湯の温度。
温度が高い方が洗顔料の泡立ちがよくなりますし、汚れが落ちやすくなりますが、あまり熱いと毛細血管が拡張して赤みの原因となります。
ぬるま湯程度の温度で洗うようにしましょう。

よく泡立てて洗う

それから洗顔料をよく泡立てること。
これはお湯の温度と関わってくるだけに注意したいポイントです。
ぬるいお湯だと泡立ちにくい面もありますから、その分時間をかけて泡立てましょう。

必要に応じて泡立てネットを使用するなどの工夫もしましょう。
洗う際のポイントは泡で汚れを落としていくこと、指で肌を擦って洗うのではなく、泡で表面や毛穴の奥の汚れを吸着して落としていくのです。
その際指はかるく肌に触れる程度、それができるくらいまで十分に泡立てていくことが大事です。

実際に洗っていくときには指の腹で優しくマッサージする間隔で円を描くように洗っていきます。
汚れが気になる部分は集中的に洗う必要があるわけですが、間違ってもゴシゴシと擦ったりしないようにしましょう。
汚れがなかなか落ちないとついつい力を込めてしまいますが、根気よく洗っていくよう心がけましょう。

すすぎをしっかりやって洗い残しに注意しよう

そして最後にすすぎ。
これも熱いお湯ではなくぬるま湯で、強く擦らずに湯を何度も当てて泡と汚れを落としていきましょう。
その際に洗浄成分が肌と毛穴に残らないようしっかりすすぐのがポイント。
洗顔にじっくり時間をかける人もすすぎにはあまり時間をかけないため、洗浄成分が肌に残って負担をかけてしまうケースが多いのです。

最後に保湿ケア

すすぎを終えたらすぐに保湿ケア。
洗顔後は水分が急激に蒸発しやすい状態になっているため、できるだけ早く化粧水でフタをしましょう。
理想は5分以内とも言われています。

洗う際の摩擦の回数を減らし、熱い湯で刺激を与えない。
この2つを基本としつつ、日々の洗顔で赤ら顔対策を行っていくようにしましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ