赤ら顔に悩む高校生がチェックすべきこと

赤ら顔は更年期前後と思春期によく見られます。
近年では肌トラブルの影響から20代~40代の幅広い年代にかけて赤ら顔が見られる傾向がありますが、この範囲の年代で赤ら顔に悩まされている人も多くは思春期、中高生くらいの段階からすでに悩みを抱えているケースが多いようです。

思春期中の赤ら顔の悩みは深刻

とくに悩みが深くなるのが高校生です。
思春期の真っ只中、外見をとりわけ気にかける時期でもありますし、周りの評価に対して過敏になってしまっている面もあります。
そのため赤ら顔が原因でコンプレックスを持ってしまったり、異性に対して積極的になれないといった問題を抱えてしまうのです。

この時期のこうした精神的な問題はせっかくの高校生活に影をもたらしてしまうだけでなく、その後の人格形成に大きな影響を及ぼします。

大人になって人間関係やコミュニケーションの悩みを抱える人の多くは高校生の段階ですでに何かしらの問題をかかえていることが多いのです。
生活環境や性格面がもたらす問題ならともかく、外見の悩みが消極的で引っ込み思案な性格の原因となってしまうのはなんとも残念な話です。

高校生に赤ら顔ができやすい理由は心身両面の過敏な状態にあります。

成長期は皮脂の分泌量が多く肌トラブルが起きやすい

まず肌環境。
成長期で成長ホルモンの分泌が活発な時期のため、皮脂の分泌量が非常に多くなります。
この時期に思春期ニキビが見られるのもそのためです。

ニキビによる炎症が進行すると赤みが広範囲に及び、顔全体が赤ら顔になってしまいます。
ニキビが厄介なのは炎症が進行すると色素沈着を起こして赤みが残ってしまうほか、炎症のダメージによって皮膚の奥がうっ血状態になって赤みが出てしまうことが多い点です。

様々な悩みによる自律神経の乱れ

一方、精神面では自律神経の乱れが大きな理由となります。
この年代は先に挙げた外見の悩みだけでなく、日々の生活の中でさまざまな悩みを抱えることになります。
赤ら顔と直接結びつくものでは恋の悩みがまず挙げられます。

特に多い人間関係の悩み

それから人間関係の悩み。
友人の輪から外れないように必死に周りに合わせる、あるいは楽しくもない付き合いに参加しなければならなかったり、友人同士のトラブルに巻き込まれるなど、さまざまな不安を抱えやすい環境にあります。
この年代はまだ自律神経そのものがまだ不安定な面もあるため、こうした精神面の影響を受けやすいのです。

日々の生活で緊張や不安を抱え続けた結果、自律神経が乱れて血管の収縮をもたらす交感神経が優位になることで血行不良が生じ、うっ血状態による赤みをもたらしてしまいます。

赤ら顔になりやすいが対策も取りやすいのが高校生

高校生は新陳代謝が活発なため、大人の赤ら顔に比べて対策がとりやすいのが特徴です。
とくにニキビになりやすい肌にはニキビ薬だけでなく化粧水などのスキンケア対策も必須です。

一方ではこれまで再三指摘してきたように精神面への影響が大きく、人格形成にも大きな影響をもたらしてしまうため、できるだけ早い段階での治療・改善が求められます。
この点に関しては親をはじめとした周囲の大人も悩みを理解し、対策に協力してあげることが大事となるでしょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ