赤ら顔と色白の関係

女性からは羨ましがられる色白のお肌ですが、実は色白の肌の人は赤ら顔になりやすいという傾向があります。

どうして色白の人は赤ら顔になりやすいのでしょうか。

色白の人は肌が弱い

まず一つ目の原因として、色白の人は「生まれつき肌が薄い」「敏感肌」「肌があまり強くない」ことが多いのです。

お肌が薄いと体の中に張り巡らせている毛細血管が浮き出てしまい、その毛細血管が拡張するタイミングがあると、赤色が透けて赤ら顔になってしまうのです。
敏感肌だと他の外的要因の刺激を受けやすく肌が炎症を起こして赤くなったりもします。
紫外線の影響も非常に受けやすいです。

もし肌が薄くない人であれば拡張したとしても毛細血管は浮き出て見えません。
そのため、そういった「肌が厚い」「強い」人たちはあまり赤ら顔にはなりませんし、色白であることも少ないです。

白さゆえに赤みが目立つ

二つ目の原因として、肌の白さから単純に赤みが目立って見えると言うことです。
頭に思い浮かべてみてください。
肌が真っ黒な人であれば多少顔が赤くなっても大きく目立つことはないでしょう。
相当な色の黒さの人であれば、赤くなっていることにすら周りからは気付かれないかもしれません。

一方、肌が白い人が赤くなれば、白色の上に赤色があるのですから当然目立ちます。
あまり重症な赤ら顔ではない人でも、顔の色が白ければ中々目立つ赤みになると思います。
これも極端な例ですが、北欧地方の白人の方は赤ら顔の人が多くありませんか。
やはり白いと赤みは目立ってしまうのです。

 

これらの要因から、色白の人は赤ら顔自体にもなりやすいし、なってしまったら他の人よりも余計に目立つと言えるのです。
色白の人は赤ら顔になりやすいと言われても仕方ないでしょう。

そのため、自分が色白だと思う人は普段のスキンケアを他の人よりもより丁寧に行う必要があります。
真っ白な肌に極端に真っ赤になった鼻や頬ではせっかくの綺麗な白い肌も台無しです。
面倒に思うかもしれませんが、日頃のスキンケアをしっかり行いましょう。

肌を黒くするのはNG

ちなみに色白で赤色が目立つからと言って、顔を焼いて黒くするのはおすすめしません。
色白の人は元々皮膚が弱い可能性が高いので、紫外線の影響をもろに受け、シミやくすみ、炎症等の症状を起こす可能性が高いです。

わざわざ顔の色を黒くしなくても日頃のスキンケアをしっかりやれば改善していくはずですので、間違っても紫外線をたくさん浴びに行くようなことはやめましょう。

色白女性は美しい

尚、色白の人は特に女性からは「透き通った綺麗な肌」と羨ましがられ、憧れの的になっています。
男性からも色白女性は人気があります。

赤ら顔にはなりやすいかもしれませんが、他の人にはない美しい白い肌を持っているのですから、それを最大限に生かしていきたいところです。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ