赤ら顔と睡眠の関係

赤ら顔を改善したいならスキンケアはもちろんのこと、生活習慣の改善も欠かせません。
とくに20代~30代半ばくらいまでの赤ら顔は生活習慣が引き金になっていることが多く注意が必要です。

そんな生活習慣がもたらす赤ら顔の大きな要因となるのが睡眠不足です。
不十分な睡眠環境が知らず知らずのうちに赤ら顔の原因を作っている可能性もあるのです。

睡眠不足は現代社会の大きな問題

睡眠は疲労をとる重要な機会です。
日々の疲労を睡眠でしっかりと解消することで体の健康を維持することが出来るわけですが、現代人はこの基本的なところがうまく機能していない面もあります。
忙しい仕事やお酒やテレビ、インターネットなどの誘惑など夜更かししてしまう機会が多いのです。

加えてストレスの蓄積による睡眠障害もあります。
睡眠時間が短いだけでなく、深い眠りにつけないことで睡眠不足に落ちってしまうこともあるのです。
ベッドに入っている時間は十分に確保できているものの、なかなか眠りにつけない、途中に何度も目が覚めてしまう、何時間寝ても熟眠感が得られない…そんな典型的な睡眠障害に陥ってしまっている人も少なくありません。

睡眠不足からくる疲労が赤ら顔を招く

疲労が蓄積すると体のさまざま機能が低下します。
赤ら顔との関連で注意したいのは免疫力の低下と血行不良です。
免疫力の低下は肌を紫外線のダメージに対して敏感にしてしまうだけでなく、アクネ菌をはじめとした細菌の繁殖に対する抵抗力を低下させてしまいます。

その結果炎症が生じやすくなり、赤みが顔全体に広がってしまうのです。
健康な時には何も起こらなかった肌に突然アレルギー症状が見られることもあります。

また、血行不良に関してはうっ血症状に注意が必要です。
血液の流れが滞ることで血管がうっ血状態になり、その部分が皮膚に浮かび上がってしまうのです。
皮膚の表面ではなく内部に生じる赤みのため、スキンケアではなかなか改善が難しいのが厄介な点です。

新陳代謝の乱れ

免疫力の低下とも関わってきますが、ターンオーバーの乱れも睡眠不足がもたらす赤ら顔の原因として挙げられます。
就寝中には成長ホルモンが活発に分泌され、もっとも新陳代謝が活発な状態になります。

そのため、逆に睡眠不足に陥ると新陳代謝の乱れによって古い肌と新しい肌の入れ代わりがスムーズに行われなくなってしまうのです。

その結果、古くなった角質が剥がれ落ちずに毛穴を詰まらせてニキビの原因となったり、くすみをもたらすことで赤ら顔の間接的な原因となってしまいます。

さらに睡眠不足による自律神経の乱れが交感神経を優位にし、ほてりやのぼせが起こりやすい状況を作ってしまう点にも注意したいところです。

赤ら顔になった人は睡眠環境を改善してみよう

このように、睡眠は赤ら顔と深く関わりがあり、直接・関節を問わず深い影響を及ぼします。
慢性的な睡眠不足・睡眠障害を抱えている状況でいくらスキンケアを行っても赤ら顔対策は不十分、思うように効果が上がらない恐れがあります。
大人になってから顔の赤みが慢性化してしまっている人はまず自分の睡眠環境から疑ってみるとよいでしょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ