赤ら顔とアトピーの関係

赤ら顔の大きな原因となるのが肌の炎症です。
炎症が起こるとどんどん肌にダメージが蓄積することで肌荒れや色素沈着、さらに肌の奥でうっ血状態が生じるといった問題が起こります。

赤ら顔なかでも特に注意が必要なのは、うっ血状態の色素沈着です。
この点はにきびとも共通していますが、アトピーの場合は体質・肌質的な面が大きいため、日常生活のちょっとした要因で発症してしまうことが多く、日々の生活の中で細かく対策を行っていく必要があるのが大きなポイントとなります。

アトピーと赤ら顔の関係に関しては3つのポイントがあります。

 

炎症による損傷

まず炎症による損傷がもたらした跡がそのまま肌に残ってしまうこと。
これが1番目立つ厄介な点といえるでしょう。

炎症が進行すると肌に赤みが生じてきますが、その損傷が大きくなると肌の修復能力だけでは改善することができず、アトピーの症状が治まった後もそのまま残ってしまうのです。
そうなる前にできるだけ早く改善策を行うこと、アトピーの原因となるアレルゲンを特定して遠ざけるよう心がけることが大事です。

 

肌の奥のうっ血

2つ目のポイントは冒頭にも挙げた肌の奥のうっ血状態です。
にきびとも共通するわけですが、表面の炎症が治った後でも皮膚の奥の血管がうっ血状態に陥ってしまっている場合があります。
厄介なのはアトピーが改善された後もうっ血状態が長く残ってしまうケースが多いこと、そして知らす知らずのうちにうっ血が進行してしまうケースもあることです。
とくに後者の場合、表面の皮膚トラブルが改善されたため、もう大丈夫だろうと治療をやめてしまい、そのままうっ血状態を放置してしまうことが多いのが大きな問題となります。

 

治療薬の副作用

3つ目のポイントは主に医療機関でアトピーの治療を受けた場合に起こるもので、ステロイド治療薬の影響・副作用によるものです。
ステロイド剤は炎症を鎮める強力な作用があるため、アトピーの治療に広く用いられていますが、その優れた効果に対してさまざまな副作用がつきまといます。

そのひとつが毛細血管の拡張です。
寒い日に外気に晒された時や、お酒を飲んだ時に顔が赤くなるように、血管が拡張すると血液の通りがよくなって肌が赤くなります。
ステロイド剤はそうした体の変化を強制的に起こす効果があるのです。
これはこの薬剤が副腎皮質ホルモンと同等の効果を持つことでもたらされることで、単に赤ら顔の原因となるだけでなく体内におけるホルモンバランスを乱してしまう要因ともなるので注意が必要です。

 

アトピーの対策はしっかりとしよう

このように、アトピーは主に炎症に伴う形で赤ら顔の大きな要因となります。
それだけ肌の表面だけでなく内部にもダメージを与えないよう日ごろからしっかりと対策を行っておく必要があるのです。
既に触れたようにアレルゲンとなる物質から遠ざけること、生活習慣や食生活を改善して免疫力の維持を図ることといった基本的な対策はもちろん、医療機関で治療を受ける場合にはストロイド剤の副作用に注意しつつ、レーザー治療などの選択肢も検討に入れるといった対策方法も考慮していきましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ