赤ら顔とほてりの覚えておくべき関係

赤ら顔と深く関わっているのがほてりです。
赤ら顔が顔の赤みが慢性化しているのに対し、ほてりは一時的に生じるものとの違いがありますが、同じ原因で生じることも多く、併発してしまっている人も少なくありません。

赤ら顔にはいくつかの原因があり、毛細血管の拡張のほか、血行不良によるうっ血、ニキビや吹き出物がもたらす炎症による赤みなどが挙げられますが、ほてりの場合はおもに毛細血管の拡張と血圧の上昇によって生じます。
そしてこの2つの原因は心身の健康状態の変化・悪化が深く関わっているので注意が必要なのです。

ストレスの蓄積

まずストレスの蓄積が第一に挙げられます。
興奮や緊張、不安といったストレスを抱え続けていると自律神経に乱れが生じ、交感神経が優位になります。
この神経は血管を収縮させる働きがあるため、血圧の上昇とともに血行不良をもたらし、顔の赤みをもたらすことになります。

そのため赤ら顔、ほてり両方の原因となるわけですが、ストレスが慢性化すると赤みも慢性化してしまうこと、急激なストレスを感じた場合には発汗や動悸が伴うなどほてりの症状がひどくあらわれる点が特徴です。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、この自律神経の乱れがホルモンバランスの影響によって起こるケースも見られます。
とくに更年期に起こりやすく、更年期障害の典型的な症状とも言われています。
ホルモンバランス、とくにエストロゲンの分泌量が減少すると自律神経が乱れやすく、先に触れたように交感神経が優位になって赤みが生じやすくなるのです。

更年期の影響

更年期障害の場合、これが極端なケースで急激にあらわれることもあり、ほてりやホットフラッシュといった症状が見られます。
発汗や動悸はもちろん、目まいや精神の混乱などが見られるほか、外出中や人と話している時などに突然生じることが多いのが厄介な点です。

高血圧には要注意

もうひとつ、注意したいのが高血圧。
男性に良く見られますが、動脈硬化から血液の流れが悪化して血圧が上昇すると顔に赤みが生じやすくなります。
糖尿病の合併症としてあらわれることも多いため、現代人がとくに注意したい病気といえます。
女性も更年期の症状として高血圧があらわれることが多いので注意しなければなりません。
50代の女性の2人に1人は高血圧というデータもあります。

赤ら顔とほてりは共通した原因で発生することが多い

このように、赤ら顔とほてりの間には共通した原因があり、慢性化してしまった場合は赤ら顔、急激に症状があらわれる場合にはほてりとなります。
そのため、日ごろは赤ら顔に悩まされ、過度なストレスや緊張を感じた時にはほてりの症状に見舞われる人も少なくないのです。

そしてそれが精神面の大きな負担となりますます症状を悪化・慢性化させてしまう恐れもあります。
自律神経やホルモンバランスの乱れは日々の生活習慣の改善やストレス・疲労の解消などの対策で整えていることもできますから、スキンケアだけに留まらない幅広い対策を行っていきたいところです。
更年期の場合にはその対策も意識して行っていくようにしましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ