赤ら顔とにきびの関係

赤ら顔と深く関わっているにきび

赤ら顔とは皮膚の奥の毛細血管が広がることで赤く見えるようになった状態です。
お酒を飲んだ時に顔が赤くなることがありますが、赤ら顔の場合はそれが慢性的な状態になってしまった状態です。
問題なのは単に毛細血管が広がるだけでなく、肌の内部で何らかの問題が起こってしまっているケースも多いことです。
そんな赤ら顔と深く関わっている要因のひとつがにきびです。

 

皮膚の表面に表れないにきび跡が存在する

にきび跡にはいくつかの種類があります。
もっとも有名なのは炎症のダメージによって角質層の奥にある真皮層が損傷を受けてしまうことで生じるクレーター状の跡ですが、侮れないのが皮膚の表面にあらわれない跡です。
表面の炎症は治まった状態なのにも関わらず皮膚の奥でうっ血を起こしてしまうケースがあるのです。
このケースで注意が必要なのは表面のにきびが治ったことで安心してしまい、治療をやめてしまうことが非常に多いことです。
その結果いつまで経っても症状が改善されず、赤ら顔が慢性化してしまいます。

さらにもうひとつにきびが赤ら顔をもたらす要因があります。
こちらの方がより深刻ともいえますが、にきびの範囲の拡大です。

先ほども挙げたようにニキビによる炎症によって皮膚の奥がうっ血状態になります。
にきびの範囲が拡大していくことによってうっ血状態も拡大し、赤くなる範囲がどんどん拡大していくのです。
にきびができている部分だけでなく、その周囲も赤くなるためより広範囲に赤くなってしまうのが特徴です。
ニキビは放置しておくとどんどん炎症が進行して範囲が拡大するとともにダメージも大きくなっていきます。
それから先ほど挙げた皮膚の奥のうっ血状態を進行させ、にきびが治った後も赤ら顔が改善されない状態になってしまうのです。

このように、にきびが赤ら顔の直接の原因となるケースも起こりえます。
にきびに悩まされ続けていた経験がある人はにきびの後遺症として赤ら顔になってしまっている可能性もあるわけです。
たとえ皮膚の表面ににきびがないからといって油断しないようにしましょう。

 

今あるにきびは完全に治すべき

また今現在にきびに悩まされている人はうっ血状態が長引かないよう、できるだけ早い段階でしかるべき対策を行っていくことが大事です。
そして素人判断で治療を中止することなく、完全ににきびが治ったと確認できるまでしっかりと続けることも必要です。

それから毎日のスキンケア。
ニキビ肌に対して刺激の強い洗顔料を使用したり、肌への負担が大きな化粧水、美容液を使用していると赤ら顔が進行したり、いつまで経っても治らないケースがあります。

特に注意したいのがピーリング効果がある洗顔料です。
表面のにきび肌を剥がし、新しい肌への再生を促す効果で知られるピーリングですが、刺激に敏感な状態で行ってしまうと逆効果、強い刺激で赤ら顔の原因となってしまう恐れもあります。
この点に関してはにきびの状態や自分の肌質なども考慮に入れたうえで適切なスキンケア製品を選んでいくよう心がけましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ