赤ら顔がひどくてすっぴんになれない人が覚えておくべきこと

赤ら顔で頬が真っ赤な人はすっぴんを人に見せるのをためらってしまうものです。
とくに20代半ば以降の大人の女性にとっては大きな悩みでしょう。

よく「赤ら顔はかわいい」といった評価も聞かれますが、あくまでほんのり赤いくらいのレベルの話ですし、「かわいい」というのもせいぜい20代前半くらいまでの話、大人の女性で頬の赤みが「かわいい」というのはあまり褒め言葉にはならないものです。

また、顔の赤みを隠そうと意識しすぎてしまうあまりメイクが厚塗りになってしまっている人も見られます。
ファンデーションはもちろんのこと、コントロールカラーやコンシーラーなどを使用して一生懸命赤ら顔のカバーを行っている人も多いはずです。
そうした人はどうしてもメイクへの依存が大きく、すっぴん姿を人に見せるなんてとんでもない!と思っていることでしょう。

赤ら顔の症状がひどい人ほどすっぴんになることに強い抵抗を覚えるものですが、この点に関しては赤ら顔だけに留まらないさまざまな肌の悩みや問題も関わってきます。

厚塗りの不自然さに注意

まずメイクとの関係。
一生懸命メイクを行うのはよいのですが、赤みを隠そうと意識しすぎるあまり厚塗りになってしまっているケースも見られます。

とくに多いのがファンデーションの厚塗りです。
赤みを隠すには白いファンデーションが1番、とばかりに一生懸命塗った挙句不自然な仕上がりになってしまうケースも見られます。
これならすっぴんの方がまだいいだろう、というようなメイクも少なくありません。

赤ら顔を隠すために肌に余計な負担をかけないこと

もうひとつの問題は肌トラブルです。
ニキビやアトピーが原因で肌荒れを起こしている場合には赤ら顔だけでなく、これらも見られたくないためすっぴんを見せられないものです。

ニキビやアトピーも隠さなければとメイクを一生懸命行ってしまうと厚塗りだけでなく、肌に余計な負担をかけて症状をますます悪化させてしまうこともあります。
炎症が悪化するとメラニン色素の沈着が起こったり、肌の奥深くまで炎症が達することでますます赤みが治りにくい状態になってしまいます。

スキンケアそのものができなくなってしまうことも

一方、まったく逆のケースもあります。
ニキビやアトピーで肌が敏感になってしまうとメイクどころかスキンケアそのものもできなくなってしまうことがあります。
そのためどうしてもすっぴんに近い状態で過ごさなければならなくなってしまいます。

このように、赤ら顔がひどい人はさまざまな事情ですっぴんになりたくない理由を抱えています。
その悩みを改善するためには赤ら顔だけでなく、肌に生じているトラブルそのものを改善し、すっぴんが綺麗な肌を取り戻すことが大事です。

赤みを隠すのではなく根本解決を目指そう

赤みを消すのではなく、肌そのものの健康状態の改善を意図したスキンケアや生活習慣の改善を行っていくのです。

そのためには食生活や睡眠環境の改善、ストレス解消といった対策も必要になりますし、ニキビ予防から老化防止までスキンケアにも幅広いアプローチが求められます。
赤ら顔だけに意識を奪われず、広い視野で対策を行い、すっぴんを見せたくなるような肌を目指していきましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ