赤ら顔がかわいいと考えるのは危険な理由

赤ら顔をかわいいとするのは都合がよい解釈

赤ら顔に関する評価のひとつに「かわいい」があります。
白い頬が紅潮しているとかわいらしい印象があるというものです。
確かに頬を紅潮させながらはにかんだ笑みを浮かべたりする様子はとても魅力的に映ります。
ただ、だからといって簡単に「赤ら顔はかわいい」と言い切ってしまうのは問題があります。

この頬の紅潮によるかわいらしいイメージは多分に理想化されています。

実際赤ら顔に悩まされている人は頬だけでなく顔の広い範囲に赤みを抱えているケースが多いため、かわいらしいイメージどおりに都合よく頬だけ赤みがさしているようなことはほとんどありません。

またかわいらしく見えるシチュエーションでしか考えられていない面も問題です。
いつもはにかんだ笑みを浮かべているわけではありませんし、日々の生活の中ではさまざまな喜怒哀楽を感じますし、シチュエーションに相応しい表情も求められます。
落ち込んだ時、人の悩みに同情する時に頬の赤みは似つかわしいとはいえないでしょう。

赤ら顔がかわいいイメージは「少女」

さらにこの可愛らしいイメージは基本的に少女に似つかわしいものです。
大人の女性に似合うものではありませんし、まして大人っぽさを演出したい場合にはかえって邪魔になります。
実際赤ら顔に悩んでいる多くの大人の女性は赤みを隠すためにコンシーラーやコントロールカラー、ファンデーションなどで一生懸命対策を行っています。

こうしてみても「赤ら顔はかわいい」というイメージは実際に赤ら顔に悩んでいる人の事情や心境を理解しているとはあまり言えないものです。
他人から「頬の赤みがかわいい」と言われて嬉しいと感じる女性がどれだけいるでしょうか?
また、いくら他の人が本気で赤ら顔がかわいいと思ってくれたとしてもやはりできるだけ改善するための努力が必要でしょう。

 

治療や対策はしっかりとするべき

やはり根本的な治療・対策は必要です。
肌トラブルが原因の場合にはそれが悪化してニキビやくすみ、くまといった別の肌トラブルの原因を引き起こすこともありますし、自律神経の乱れが原因の場合には心身両面の健康に害をもたらす恐れもあります。
こうした点からも赤ら顔はプラスに考えずにできるだけ改善を目指していくべきです。

この「赤ら顔はかわいい」というイメージにはひとつだけメリットがあります。
それは顔の赤みが原因でコンプレックスを抱えてしまったり、人とうまくコミュニケーションがとれずに悩んでいる人の心の支えになる点です。
赤ら顔は血行不良や炎症といった肌トラブルだけでなく、緊張や不安による自律神経の乱れがもたらしているケースも少なくありません。

そして顔の赤みの悩みそのものが自律神経を乱す要因になってしまっていることもあります。
そんな不安を軽減させるための手段として赤ら顔の長所を意識してみるのはよい方法です。
対策が思うように効果が上がらないときに自分をなだめる手段としても有効ですし、頬の赤みを長所に見せるメイクを工夫するのもひとつの手です。
このように、プラスのイメージをうまく利用して緊張を和らげつつ適切な対策方法で赤ら顔の原因を根本から改善していく対策を行っていきましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ