血圧が赤ら顔に与える影響

高血圧と赤ら顔の関係に注意

赤ら顔は毛細血管の拡張がおもな原因とされています。
冬場に寒い外から戻ってきた時に急に頬が赤くなるケースがよく見られますが、これも血行をよくするために毛細血管が拡張したことが原因です。

そのため、赤ら顔と血圧との間には密接な関わりがあります。
とくに注意が必要なのが高血圧です。

毛細血管が拡張することで赤ら顔が生じることが多いわけですから、血行が良い人が赤ら顔になりやすいとのイメージがあります。
しかし実際には逆のケースがほとんどで、血行が良くないため血液の流れが滞り、うっ血状態に陥ることで赤ら顔が生じます。

アルコールは血圧の面からも赤ら顔を誘発する

たとえばアルコールは一時的に血管を拡張させる効果があるため顔を赤くする効果があります。
しかしアルコールを飲みすぎると肝臓に負担がかかり、機能低下をもたらすことで高血圧の原因となります。
すると今度は血行が良くなったからではなく、悪化したことで赤ら顔になってしまうのです。

赤ら顔の前にまずは高血圧を改善しよう

高血圧は現代社会における生活習慣病の代表格ともいえる病気です。
そのきっかけとなるのが動脈硬化。
動脈の柔軟性が失われ、血液がドロドロになるなどして血行が悪くなった結果血圧が高くなってしまいます。

その結果動機や息切れを起こしやすくなるだけでなく、血栓が生じたり、最悪の場合脳の血行が滞ることで脳卒中の原因を引き起こすことになります。
血液は全身に酸素と栄養を送り届ける役割も担っていますから、その流れが悪化することで疲れやすくなり、活力が失われるといった問題も生じます。
このような恐ろしい病気を現代人は日常的に抱えているわけです。

こうなると高血圧が赤ら顔の原因になるといったレベルではなく、まず高血圧を何とかしなければなりません。
赤ら顔をもたらすほど高血圧が進行してしまっている場合にはかなり要注意といってもよいでしょう。

血圧は定期的にチェックしよう

そのため赤ら顔は自分が高血圧になっていないかどうかを確かめるシグナルとして役立てる必要も出てくるのです。
どんなにスキンケアを頑張っても改善されない場合、先に挙げたような体調の変化が併せて見られる場合には高血圧を疑う必要があります。

その場合には赤ら顔対策から高血圧対策へと切り替えて日々の生活の中でさまざまな改善策を行っていくことになります。
食生活や生活習慣の改善、医療機関による検査や治療など、できるだけ早い段階で適切な対策を行っていきたいところです。

その中で赤ら顔対策も組み合わせていけば両方の対策を同時に進行させていくこともできるでしょう。

とくに大事なのが食生活の改善。
肉食中心の食事から魚や野菜を多く取り入れた食事へと切り替えたり、抗酸化成分を意識して摂取していくことで血液をサラサラにして血管の柔軟性を取り戻していく食生活が求められます。

女性の場合は食生活の乱れや更年期がきっかけで高血圧が発症するケースが多く見られます。
赤ら顔が気になり始めた場合には肌トラブルだけでなく、体の健康状態も確認してみましょう。
どうしても美容の面にばかり意識が向いてしまいがちですが、赤ら顔の場合はより広く心身の健康状態も考慮したうえで対策を行っていくことが大事なのです。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ