脂性肌が原因の赤ら顔の改善方法

脂性肌の場合は皮脂の分泌量を減らす

脂性肌は生まれつきの体質的な面が大きいため、なかなか対策が難しいものです。
そのため、赤ら顔の原因となっている場合には根本から改めるよりも皮脂の分泌量をできるだけ抑えるとともに、皮脂がニキビをはじめとした肌トラブルの原因にならないよう注意していくことが重要な改善方法となります。

まず皮脂の分泌量を減らす改善方法としてスキンケアをうまく活用しましょう。
皮脂の分泌量を抑制する作用を持つ有効成分が配合された製品を役立てることで脂性肌の状態を抑えることができます。

 

有効なビタミン

代表的な有効成分としてはまずビタミンC誘導体。
抗酸化成分として有名ですが、皮脂の分泌量を抑制する効果もあるのです。
しかもコラーゲンの生成を促す作用もあるため、ターンオーバーの活性化による炎症の改善にも役立ちます。

これ以上ないほど役立つ成分ですが、肌に浸透しにくいという大きな難点を抱えているため、できるだけ浸透力に優れたスキンケア製品を使用するのがポイントです。

ビタミンC誘導体はビタミンCに他の物質を結合させて浸透力を高めた物質ですが、その種類によって浸透力が異なってくるため、製品の紹介ページなどでその点を確認しながら選んでいきましょう。

それからビタミンB群、特にビタミンB2は肌の代謝に関わる重要な成分で皮脂分泌を調節する作用があると言います。
ビタミンB群全般から健康な肌作りに欠かせない役割を担っているため、うまく取り入れていきましょう。
こちらはスキンケア製品よりも食事やサプリメントなどで体の内部に取り入れていくよう心がけるのがポイントです。

 

女性はイソフラボンの活用を

もうひとつ、女性の場合はイソフラボンも挙げられます。
女性ホルモンを調節する効果で有名な成分ですが、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンの分泌量が減少すると皮脂の分泌量が多くなり、脂性肌へと傾いていきます。

そのためイソフラボンを補うことでホルモンバランスを整えるわけです。
とくに更年期の人は心身の健康状態全般の改善にも効果が期待できるのでうまく活用していきましょう。

 

生活習慣を改善しよう

食生活の改善も大事な改善方法です。
糖分と脂分の摂り過ぎは皮脂の分泌量を増やしてしまうため、できるだけ控えるよう心がけます。
特にインスタント食品やジャンクフードは知らず知らずのうちに多くの糖分・脂分を節酒してしまいがちなので要注意です。
先に挙げたビタミンB群の摂取も併せ、バランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。

もうひとつ、現代人に多いのが運動不足です。
運動の習慣がない人は糖質と脂質の代謝が衰えてしまい、皮脂の分泌量が多くなりがちです。
そこに先ほど触れた糖分・脂分の過剰摂取が加わると皮脂分泌がさらに増えてしまいます。
運動はストレス解消効果もあるので脂性肌に悩まされている人にお勧めの対策方法です。

これらの改善方法に加えてストレス・疲労の蓄積の解消を心がけれて生活を送っていけば脂性肌による肌トラブル、赤ら顔の改善に役立てていくことができるはずです。
どれも続ける気さえあれば日々の生活の中で簡単にできるものばかりなので頑張ってみましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ