皮膚が薄いと赤ら顔になりやすい?

赤ら顔になりやすい人にはいくつかの特徴が見られます。
その中でももっとも典型的なのが皮膚が薄い人です。
赤ら顔の大きな原因のひとつに毛細血管の拡張がありますが、皮膚が薄いとその影響が表面にあらわれやすいのです。
この点はクマができやすい人とも共通しています。

皮膚が薄いと赤みが出やすくなる

皮膚が薄いと表皮の奥の血管の状況が表面にあらわれやすくなります。クマは血行不良によるヘモグロビンの影響がそのまま表面に出てしまった状態ですが、赤ら顔の場合は毛細血管の拡張ともうひとつ、血管のうっ血の影響が表面に出た状態となります。

お酒を飲んだり寒いところから急に暖かいところに移った時に毛細血管が急に拡張して血行が良くなります。
これば誰にでも必ず起こる現象ですが、皮膚が薄いとそれが表面にあらわれやすいのです。
緊張したり恥ずかしい思いをした時に顔が紅潮するのも毛細血管の拡張によるものですが、こちらも皮膚が薄い人の方が目立ちます。

血行不良と肌の薄さの関係

一方、逆に血行不良がたもらすうっ血状態も皮膚が薄いと表面にあらわれやすくなります。
こちらはクマと似たような状態ですが、クマが皮膚が薄い目の下に生じるのに対し、こちらは顔全体に広がるケースも見られます。
毛細血管の拡張による赤みに比べて不健康な印象に見られてしまうのも特徴です。

この血行不良に関しては肌トラブルとの関係も重要です。
ニキビ、肌荒れといったトラブルによる炎症が皮膚の内部にダメージをもたらし、うっ血状態を作ってしまうことも多いのです。

そしてこうした肌トラブルは皮膚が薄く刺激に敏感な人に起こりやすい傾向が見られます。
つまり皮膚が薄い人は単に血行の変化が表面にあらわれやすいだけに留まらず、肌の表面のトラブルがもたらす赤ら顔のリスクも抱えているのです。

スキンケアそのものが肌の負担になることも

このように、皮膚が薄い人はさまざまな面で赤ら顔に注意し、適切な対策を行っていく必要があります。
日々のスキンケアではまず余計な刺激を与えない対策が欠かせません。

紫外線や雑菌の侵入といった外部からの刺激から肌を保護することはもちろん、スキンケアそのものが刺激にならないよう注意していきましょう。
洗顔から化粧水、美容液、乳液などスキンケア製品を使用していく際にはどうしても皮膚表面に摩擦の刺激が生じます。

皮膚が薄いとその影響が大きくなるため、強く擦らないように気をつけること、どうしても刺激が強い場合には摩擦の回数を減らせるオールインワン化粧品を使用するといった対策を行うとよいでしょう。

精神的な面も赤ら顔になって表れやすい

それからメンタルな面。
血行の変化が目立ちやすいと書きましたが、緊張や不安、羞恥心といったメンタル面の変化が赤ら顔となってあらわれやすいのでできるだけ安定したメンタルを心がけましょう。

とくに緊張や不安は自律神経のバランスを乱して赤ら顔が慢性化してしまう原因となるので要注意。
赤ら顔を気にするストレスがますます症状を悪化させてしまっているケースも多いのでスキンケアとともにメンタル対策も行っていきましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ