男の赤ら顔も増えている

男性も増えている赤ら顔

赤ら顔といえば女性に見られるものとの印象があります。
白い肌なのに頬だけが真っ赤、というイメージを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし現代社会では男性の赤ら顔も増加傾向が見られます。
この点に関しては肌の状態を気にする男性が増えたことで気にする人が増えたという面もあるのでしょうが、実際に赤ら顔になりやすい環境で生活を送っている人が増えているのも大きな要因のようです。

 

日常生活からくる自立神経の乱れ

男性の赤ら顔が増えている理由のひとつとして挙げられるのが自律神経の乱れです。
緊張すると顔が赤くなってしまう人がいますが、これは自律神経のうち交感神経が優位になることが原因です。
心身が興奮状態に陥ることで顔に血が上って紅潮するわけです。
これが一時的な状態に留まればまだよいのですが、緊張状態が長く続くと交感神経が常に優位な状態になり副交感神経とのバランスが崩れてしまいます。
そうなると赤ら顔が慢性化した状態になってしまうのです。

常に緊張状態で紅潮しているだけでなく、交感神経には血管を収縮させる働きもあるので血行が滞ってうっ血状態をもたらしてしまう恐れもあります。
そうなるとますます赤ら顔が慢性化して改善が難しい状態になってしまうのです。

経済状況をはじめとして先行きが見えない現代社会に生きる男性はつねにプレッシャーに晒された生活を余儀なくされています。
成果主義やノルマに晒された仕事、あるいは将来に対する漠然とした不安、こうした負担が心身のリラックスの妨げになり、交感神経が優位な状態にしてしまうのです。

 

肌の炎症を起こす男性の肌

炎症による赤ら顔も男性に多いパターンです。
もともと女性に比べて皮脂の分泌量が多くニキビや脂漏性皮膚炎など炎症が生じやすい傾向がある男性ですが、現代人はプラス生活習慣の乱れが原因でますます炎症を起こしやすい状態になってしまっているケースが見られます。

たとえば食生活の乱れ。
外食に頼りきり、あるいはジャンクフード、インスタント食品ばかりを食べる食生活を送っているとますます皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

また先に挙げた交感神経が優位な状況は脳を興奮状態においてしまうため、睡眠の妨げになります。
もっとも新陳代謝が活発化する睡眠を十分にとれないことで新しく健康な肌が炎症を起こした肌に入れ代わることができず、さらに古くなった角質が毛穴に詰まって細菌のエサになってしまいます。

 

男性も赤ら顔の対策を

このように、男性の赤ら顔が増えている背景には現代社会ならではの事情と、日々の生活環境の負担が深く関わっています。
そのためまず赤ら顔の原因をできるだけ排除していくことが大事です。

とくに心身のリラックスは赤ら顔に留まらず、広く心身の健康状態の改善に欠かせないポイントとなるので日ごろから意識してみましょう。
1日のうちでゆっくりと過ごす時間を確保すること、ストレスを発散できるような楽しみを持つことなど、ちょっとした工夫で自律神経をコントロールできる方法があります。

また抗炎症作用がある化粧水などスキンケアにも工夫してみるとよいでしょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ