暑さが原因の赤ら顔の改善方法

基本は顔を冷やす

暑さが原因の赤ら顔の改善方法は少々特殊です。
気温や気候だけでなく、生活習慣も考慮した改善方法を行っていくことが大事です。

まず基本中の基本は「顔を冷やすこと」。
当たり前のように思えますが、暑い時はなかなかこまめにそれができないものです。
暑い日に外出する機会が多い人は屋内に戻ってきた時には冷やしたタオルを当てたり、水で冷やすなどして顔に熱が溜まるのを避けるようにしましょう。
メイクをしている女性はなかなか難しいかもしれませんが、ミスト状で体を冷やせるアイテムもあるのでうまく活用していきましょう。

 

服装で熱の調節を

それから服装の工夫です。
こちらは男性が特に注意したいポイントですが、暑い日に一日中ネクタイを締めっぱなし、スーツをしっかり着込んで外出する環境だとどうしても上半身に熱が溜まってしまいます。

特にネクタイの締め付けは血行不良の原因にもなるので要注意です。
もちろん、仕事中にネクタイを外したりスーツを脱いだりするのは難しいでしょうから、ちょっとした合間にネクタイを緩めたり、食事・休憩中はスーツ脱ぐなどうまく工夫して上半身から熱を逃がすようにしましょう。

 

夏場は冷房に注意

冬場に比べると血行不良が起こりにくい印象もありますが、現代社会では冷房がしっかり効いた環境で過ごせるようになったため、かえって夏場の方が血行の問題を抱えやすくなっている傾向も見られます。

冬場は血行改善の対策を行っている人も夏場は油断して行っていないケースも多いからです。
冷房が効きすぎたところで過ごす環境を続けていると体温調節機能に乱れが生じます。
その結果血行不良の原因となるだけでなく、ホルモンバランスや自律神経の乱れをももたらすことがあるので注意が必要です。

職場の冷房が効き過ぎている場合には適度に外に出て体の温度変化に適応させる機会を作るようにしましょう。
また女性の場合はとくに冷房による冷えが起こりやすいですから、一枚羽織るものを用意しておくのもよいでしょう。

 

水分調節やアルコールに注意

水分調節も暑い時期の赤ら顔対策の大事なポイントです。
水をがぶ飲みしてしまうのもよくありませんが、ペットボトル飲料ばかり飲んでしまい、糖分の摂取量が過剰になりやすい時期でもあります。

また、アルコールがおいしく感じる時期でもあります。
これら糖分やアルコールの過剰摂取は皮脂の分泌量の増加や腸内環境の悪化、さらには肝臓機能の低下といった赤ら顔の原因となります。
水を多めにとるなど、健康に留意したうえで水分摂取を心がけていきましょう。

暑いと赤ら顔だけでなく、のぼせた状態で思考能力もうまく働かなくなってしまうこともあります。
暑さが原因のストレスで自律神経を乱してしまい、それが血行不良や体温のコントロールを乱す要因になることもあります。

それだけに心身の健康状態全般の維持が大事なテーマとなります。
頭部に熱がたまらないよう、体温調節が上手く機能する健康状態の維持を心がけて日々の生活を送っていくようにしましょう。

むくみや冷え性に悩まされている人は適度な運動もおすすめです。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ