暑いときに赤ら顔になってしまう原因

暑い時になる赤ら顔は寒いときになる赤ら顔と異なる

赤ら顔といえば寒いときに起こりやすいというイメージがあります。
寒い日に外出した後に暖かい屋内に戻ってくると顔が赤くなります。
これは寒い外気に晒されている時には収縮していた血管が暖かい空気に接することで拡張して血行が良くなることによるものです。

しかし、一方では暑い時に赤ら顔になってしまうケースもあります。
この場合寒いときのようなメカニズムは起こりませんから、別の要因が考えられます。

 

毛細血管の収縮

まず考えられるのが寒い日とは逆のパターン。
つまり暑いところから冷房が効いたところに移動すると顔が赤くなってしまう状態です。
この理由はまだはっきりと解明されていない段階ですが、やはり毛細血管の収縮が大きな要因と言われています。

 

熱のこもり

それからもっとも多い理由として考えられるのが「熱のこもり」です。
顔がすぐに上気してしまう人は熱がこもりやすい体質だと言われています。
この点に関してもまだ十分な解明が進んでいないのですが、東洋医学の分野では体の熱のバランスが乱れた状況で上半身に熱がこもってしまっている状況だとされています。
本来なら体内の熱はバランスが取れているのですが、何らかの要因で上半身、とくに頭部に熱が集中してしまっているわけです。

 

熱のバランスの乱れは血行不良が関係している

この熱のバランスの乱れに関しては血行不良がおもな原因として考えられています。
暑いときに赤ら顔になってしまっている人には足が冷えているケースが多く見られているため、血行不良によって体の熱が体の末端にまで十分に行き渡らなくなってしまうことで上半身に集中してしまうわけです。
栄養やエネルギーは血管を通して心臓から全身へと送られていきます。
そのため心臓に近い上半身には行き渡りやすく、遠い下半身には行き渡りにくい状態にあります。

また、行き渡った血液が不純物を回収しながら静脈を通って心臓へと戻っていく場合、下半身からは重力に逆らって血液を押し流す必要があるので血行が悪化しやすいのです。

血行が悪化するとますます心臓へと血液を送り返しにくくなり、ますます悪化してしまう、そんな悪循環に陥ってしまうケースも少なくありません。
それが積み重ねっていくと上半身に熱が溜まり、下半身が冷えるという状況になるわけです。

 

服装に気をつけよう

もうひとつ、暑い時に赤ら顔ができる理由には服装の問題が挙げられます。
とくに男性は夏場でもスーツ姿、外出時でもネクタイをしっかり締めるのが一般的です。
スーツ姿はもともと下半身よりも上半身に熱が溜まりやすい構造をしていますから、暑い時にはその影響がはっきりと現れてしまいやすいのです。

他に考えられるケースとしては皮脂の分泌量が増加したことで炎症が起こりやすくなるといった肌環境の問題も挙げられるでしょう。

このように、暑い時に赤ら顔になってしまうケースは他の赤ら顔の要因とはやや異なる特殊な事情があります。
夏場の赤ら顔に悩まされている人はこうした点を考慮しながら対策を行っていきましょう。
特殊な事情ではあるものの、一方ではしっかり対策を行えば改善もしやすいため、早い段階で改善を目指していきたいところです。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ