喫煙が赤ら顔に与える影響

女性には特におすすめしない喫煙

赤ら顔の原因として注意が必要なのが喫煙です。
健康には百害あって一利なしといわれる喫煙ですが、じつは赤ら顔の一因にもなっているのです。
とくに喫煙の習慣がある女性は赤ら顔だけに留まらずさまざまな肌トラブルの原因を知らず知らずのうちに蓄積してしまっている可能性があるので注意が必要です。

喫煙が血行不良を引き起こす

赤ら顔の大きな原因となるのが血行不良です。
うっ血などが原因で毛細血管が拡張すると肌が赤く見えてしまうようになるのです。
ニキビによる炎症がもたらす赤みとは異なり、顔全体の広範囲に広がってしまうのが大きな特徴です。

血行不良をもたらす要因はいくつかありますが、その中でも喫煙は直接的な影響をもたらす要因とされています。
タバコに含まれている主成分であり、健康に害をもたらすおもな要因とも言われているのがニコチンです。

このニコチンにはさまざまな害が指摘されていますが、その一つが血管の収縮、つまり血管が狭くなって血液の通りが悪くなってしまうのです。
緊張状態に陥った時にも同じように血管が収縮してしまいますが、それによって血行不良に陥って赤ら顔の原因となってしまうのです。

とくに喫煙の習慣がある人は日常的に血管が収縮した状態になってしまっているため、慢性的な血行不良に陥りやすくなります。
その結果顔の赤みも常態化し、つねに赤みを帯びた状態になるわけです。

喫煙はビタミンCを大量に消費してしまう

もうひとつ、喫煙には赤ら顔と関わる重要な影響があります。
それはビタミンCを大量に消費することです。
ビタミンCは抗酸化作用のほか、コラーゲンの生成を促したり、皮脂の分泌量を抑制するといった重要な役割を担っています。

しかし、このビタミンは体内で生成することができず常に外から補い続けることが求められます。
喫煙によってビタミンCが大量に消費してしまうと不足がちになり、活性酸素の働きが活性化して体の老化が進んでしまうのです。

さらにコラーゲンの生成量が不足することで肌の保水力が失われるなど、毛細血管の拡張だけに留まらず肌荒れによる赤みの原因も作ってしまいます。

ビタミンCの不足は様々な肌への悪影響を引き起こす

ビタミンCの消費による活性酸素の活性化は体のさまざまな面に影響を及ぼします。
ターンオーバーの乱れ、血管のさび付きと老化、さらに免疫力の低下など、どれも赤ら顔と密接に関わる問題です。
活性酸素が増加して活動が活発化すると皮膚細胞を傷つけるようになり、肌荒れ、炎症の原因ともなります。
血行不良による内面の赤みと炎症による表面の赤みの両方を抱えてしまう恐れもあるわけです。

せっかくスキンケアで抗酸化成分をたくさん補っても喫煙で効果が台無しになってしまうケースも考えられます。

やはり喫煙は控えた方が無難

このように、赤ら顔と喫煙の間には非常に密接な関わりがあるだけでなく、喫煙がきっかけでさまざまな肌トラブルを引き起こす恐れもあるのです。
喫煙の習慣がある人は赤ら顔を防ぐためにも禁煙に取り組むべきでしょう。
もちろん、赤ら顔に悩まされている人は直接の引き金になっている可能性がありますから、すぐにでも禁煙することが絶対条件となるでしょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ