乾燥によって赤ら顔になる人の特徴

乾燥が赤ら顔の原因になる

赤ら顔の原因にはいくつかありますが、その中でも40代前後くらいから見られるようになるのが乾燥によるものです。

まだ20代、30代でも誤ったスキンケアが原因で肌が乾燥し、赤ら顔が発症するケースも増えています。
現代に生きるわたしたちのスキンケアでは乾燥対策をいかにうまくできるかどうかが重要なポイントとなってくるのです。

肌の内部には角質細胞同士を結びつける細胞間脂質という物質があります。
セラミドがその代表格なのですが、細胞と細胞の間で水分を保ち、皮膚細胞の構造を維持すると同時にバリア機能をもたらしています。
この細胞間脂質が減少すると水分を維持できなくなり、角質細胞同士がバラバラになってしまうとともに紫外線をはじめとする外部からの刺激が肌の奥にまで入り込んでしまいやすくなります。

また、皮膚の表面には皮脂膜が存在します。
皮脂腺から分泌された皮脂が膜を作り、表面から水分が蒸発しないようフタをすると同時に外部からの刺激から保護しているのです。
この皮脂が失われることも乾燥とバリア機能の低下をもたらす要因となるのです。

乾燥すると刺激に対して敏感に

このように、乾燥が進むとバリア機能も低下し、刺激に対して敏感になります。
ちょっとした刺激に炎症が生じたり、ニキビをはじめとした細菌の繁殖による吹き出物が生じやすくなるのです。
炎症といえば脂性肌の人がなりやすい印象もありますが、こちらはTゾーンをはじめとした皮脂の分泌量が多い部分に炎症が起こる傾向が見られるのに対し、乾燥肌は顔全体に広く起こる傾向が見られるのが特徴です。
それだけ赤ら顔が目立ちやすいので厄介なのです。

このように、赤ら顔と乾燥の間には深い関係があります。
それだけに日々のスキンケアの段階で乾燥対策をしっかりと行う必要があるわけですが、そのためには原因をよく把握しておくことが必要です。
肌の乾燥をもたらす原因は大きく3種類あります。

 

老化

まずは老化です。
加齢による体の老化が皮膚からセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分を失わせてしまうのです。
そのためスキンケア成分で保湿成分を補うほか、抗酸化対策による老化予防も併せて行っていく必要があります。
40代前後から乾燥による赤ら顔が見られるようになるのもこの老化がおもな原因です。

 

紫外線

それから紫外線のダメージ。
老化とも関わってくるもので、歳を重ねるにつれて紫外線のダメージを受けやすくなるだけでなく、紫外線によって老化をもたらす活性酸素の活動が活発化してしまうのです。
つまり老化が紫外線のダメージを受けやすくし、紫外線が老化を進めるという悪循環をもたらしてしまうため、乾燥のみならず健康な肌を維持する上で紫外線対策が欠かせません。

 

誤ったスキンケア

3つ目は誤ったスキンケア。
汚れをしっかり落とそうと必死になってゴシゴシと洗った結果、皮脂膜を作っている皮脂まで落としてしまい、みすみす乾燥しやすい状態を作ってしまっているケースが多いのです。
乾燥はスキンケアで対策を行っていくことができますから、赤ら顔になる前にしっかり対策を行っていくようにしましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ