エアコンによる赤ら顔の悩み

オフィスの温度は自由がきかない

冬の寒くなる季節がやってくると、エアコンやストーブを使うことが多くなってきます。
私たちの生活はもはやこれらなしでは成り立たないくらい身近な存在になりました。
会社のオフィスや学校の教室の室内温度もエアコンでしっかりと完備されているところがほとんどです。

確かに快適なことではありますが、適温に関しては個人差で多少上下するものです。
自分は暑くても他の人にとっては丁度よい温度だったり、逆に自分は丁度よいのに他の人には寒い温度だったり、人それぞれ感じ方は様々です。
来ている服装にも左右されますし。

そのため、集団生活をする場所では気軽に自分一人の意見で温度を調節しにくいのが現状です。
基本的には暑いと言えば温度は下げてくれるし、寒いと言えば温度を上げてくれはしますが、授業中等で静かなときにはなんだか言いだしにくいことですよね。
オフィスの温度はオフィスが入っているビルが完備していて簡単には調節できないこともあります。

エアコンの温度が調節できないと赤ら顔の人は困る

そんなとき困るのが赤ら顔に悩んでいる人です。
エアコンの温度が暑すぎると体が火照って赤ら顔が悪化してしまう人がいます。
このような症状が出る人はお風呂上がりにのぼせやすかったりもします。

急激な温度の変化で一時的に血流に影響が出たり、自律神経の働きが乱れて血管が拡張したりするのが主な原因です。
一時的なものであれば、体が気温に慣れてくれば赤ら顔は引いてきますが、自律神経の働きが乱れてくると頭がぼーっとしたり集中力がなくなったり赤ら顔が引かないということも考えられます。

生活習慣の影響で自律神経が乱れている

なぜ、自律神経が乱れるのかと言うと、主に生活習慣が影響しています。
睡眠不足」「日々の生活のストレス」「更年期障害」等が原因です。

特に生活習慣の乱れやストレスが影響していることが多く、忙しく働く現代人は自律神経が乱れがちです。
その人たちの中でも皮膚が薄かったり、肌が荒れていたりするとエアコンによる赤ら顔になりやすくなってしまうのです。

エアコンによる赤ら顔を防ぐためには食生活、睡眠の改善、ストレスをなるべく溜め込まないようにすることが重要です。

日々仕事や生活のプレッシャーに追われている人は自分でストレス解消になる趣味やリラックスできる時間を確保しないといつまでたっても治りません。
食生活や睡眠不足も何とか仕事とプライベートの折り合いをつけて改善しましょう。

放っておくと、赤ら顔以外にも肌荒れや体調不良を引き起こし、さらに症状が悪化するかもしれません。

エアコンによる赤ら顔に悩んでいる人はまずは日々の生活習慣を見直すことから始めましょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ