アルコールが原因の赤ら顔の改善方法

多すぎるアルコールの摂取量を減らす

赤ら顔の原因にアルコールが潜んでいる場合にはスキンケアだけでなくその対策も併せて行っていかなければなりません。
この場合、肌表面ではなく内面から問題が生じるため、健康対策も重要な対策となります。

アルコールが赤ら顔の原因となる理由はやはり多すぎる摂取量にあります。
ですから改善方法も節酒が第一です。
日ごろからお酒をたくさん飲む習慣がある人はまず量を減らすところからはじめましょう。
禁酒が1番の選択肢ですが、いきなりお酒を断つのは難しいでしょうし、ストレス解消の手段にしている人も多いはずです。
ですから健康に害をもたらさない範囲の適量に留める努力が必要です。

アルコールの適切な摂取量

アルコールの適切な摂取量に関しては個人差があるので厳密な数字を挙げるのは難しいのですが、一応目安として1日に純アルコール20グラムという数字があります。
つまり飲料のアルコール度数によって飲む量がそれぞれことなってきます。
ビールですと中ビン1本まで、ウイスキーはダブルで1杯分、日本酒は1合ぐらい。
これを目安に自分の日ごろの摂取量が多いのかどうかを確認してみましょう。

また、量を減らすだけでなく、肝臓を休ませることも必要です。
休肝日と呼ばれていますが、お酒を飲まずに肝臓に負担をかけない日を設定するのです。

これは2~3日に1回、1週間に2日程度が理想的とされています。
仕事の付き合いが多くなる花見・年末年始シーズンはなかなか難しいかもしれませんが、日々の生活の中でできるだけ意識しながらお酒を飲まない日を確保するよう努めましょう。

睡眠とアルコール

もうひとつ注意しておきたいのが睡眠との関係。
なかなか眠れずにお酒を飲んでしまう人も多いはずです。
お酒は適度な眠気をもたらす効果があるため、眠れない時に飲むと効果的なのです。

しかしそんなお酒に頼った睡眠生活を送っているとやがてアルコールなしには眠れない状態になってしまうだけでなく、眠るまでに飲む量もどんどん増えていきます。

こうしたダラダラとお酒を飲む習慣にも注意が必要です。
睡眠不足も血行不良による赤ら顔の原因となりますから、二重の意味で改善が求められます。

アルコールを適度にし、健康維持へ

アルコールが赤ら顔にもたらす影響の問題点は肝臓への負担です。
休肝日の設定も肝臓をいたわるのが主な目的ですが、日々の生活の中で肝臓をいたわる対策も行っていきましょう。

とくに食生活ではレバーや牡蠣といった肝臓の機能をサポートする作用を持つものを意識して食べていくことも大事です。
また脂肪肝は食べすぎも大きな要因となるので節酒とともに摂食も大事なポイントとなります。

こうした改善方法を日々の生活の中で実践し、アルコールが体に害をもたらさないような環境を目指していきましょう。

また、アルコールを飲んだ時には水分摂取を心がけて水分不足による血行不良を予防することも忘れないようにしましょう。
お酒はあくまで嗜む程度、赤ら顔の人は過剰摂取に陥っている可能性があるだけに肝臓に問題が生じる前に早めの対策を行いたいところです。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ