くすみが赤ら顔に与える影響

赤ら顔とくすみは一見関係が無いように思えます。
赤ら顔は毛細血管の拡張によって肌が赤く見えるのが主な原因と言われていますから、角質肥厚が原因で生じるくすみとは正反対の症状とにも思えます。
しかしくすみがきっかけで赤ら顔が生じるケースも決して少なくありません。

毛細血管の拡張によって生じる赤ら顔の場合、もともと皮膚が薄い人に多く見られるだけでなく、肌表面に炎症などのトラブルが生じることで赤みが出てしまうケースも少なくありません。
現代社会ではむしろこちらのケースの方が多いといわれています。

くすみは広範囲の赤ら顔を誘発する

くすみはそんな赤みをもたらす肌トラブルの原因のひとつでもあるのです。
肌のターンオーバーが悪化して古くなった角質が正常に剥がれ落ちずに蓄積してしまうとくすみが生じます。
その結果角質が毛穴を詰まらせ、にきびの原因となるアクネ菌をはじめとしたさまざまな細菌がそれをエサに増殖をはじめ、炎症の原因となるのです。

くすみが厄介なのは顔全体に生じるため、赤みも広範囲に及んでしまうことです。
皮脂の過剰な分泌による肌トラブルはTゾーンをはじめとした皮脂腺が多いところに集中して起こるものですが、くすみの場合はターンオーバーの乱れそのものが原因となるため、どうしても全体に及んでしまうのです。

血行不良に注意

もうひとつ、赤ら顔とくすみの関係で注意しておきたいのが血行不良が原因で生じるくすみです。
目の下のくまと一緒に起こるケースが多いのですが、肌の血行が悪化すると肌の透明感が失われ、元気がなくなったように見えるくすみが生じます。
この血行不良がじつは赤ら顔の原因となっているケースもあるのです。

お酒を飲んだり、冷たい外気に肌を晒した時に生じるイメージがあるため、赤ら顔は血行不良とはまったく関係がないように思えますが、決行が悪化してうっ血状態に陥った場合にも毛細血管が拡張して赤く見えるようになります。

ニキビが原因で生じる赤ら顔には肌の内部の炎症によるうっ血によってもたらされるケースも見られます。
肌表面が赤くなるだけでなく、血行が悪化することで内部から赤く見えるようになるケースもあるわけです。

くすみは症状に合った適切な対策を

このように、赤ら顔とくすみの間には無視できない関係があります。
しかも症状や原因によって対策方法が大きく異なってくるので注意が必要です。
まずくすみと赤ら顔それぞれの原因を特定し、両者の間に関係があるかどうかを確認しておくこと、そしてその症状に合った適切な対策を行っていくことが大事です。

くすみ対策にはピーリング石鹸が有効とよくいわれますが、赤ら顔の人は刺激に敏感になっているケースも多く、この対策方法が適さない場合もあります。
血行改善やターンオーバーの促進など、日々の地道な対策を行いつつ両方の改善を同時に行っていけるかどうかがポイントとなるでしょう。

そのためにもスキンケアだけでなく、日常生活を見直したうえでの生活環境の改善そのものから行っていくことが重要になります。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ