うっ血が原因の赤ら顔

厄介なうっ血が原因の赤ら顔

赤ら顔の原因の中でも最も改善が難しいもののひとつがうっ血によるものです。
これは血行が滞ることによって生じるもので、全身に生じるものですが、とくに顔は皮膚が薄いため、うっ血状態を起こした血管が表面に浮かび上がりやすいのです。
赤ら顔の原因といえばニキビをはじめとした炎症もよく挙げられますが、そちらは皮膚表面に生じた肌トラブルが原因なのに対しこちらは皮膚の内面に生じたトラブルが原因という大きな違いが見られます。

問題なのはどうしてうっ血が起こるのか、ということです。
これこそ改善を難しいものにしている最大の要因です。

赤ら顔でなくてもむくみや冷え性など血行不良の悩みを抱えている人は多いものです。
それだけさまざまな理由がきっかけとなり血行が滞ってしまうしまうのです。
自分がどうして血行不良に陥り、うっ血状態になってしまったのかをまず確認しておく必要があります。

 

低体温によるうっ血

現代社会の女性に増えているのは低体温によるうっ血です。
冷房が効きすぎた部屋で長時間過ごす、体を冷やす食事ばかりを食べたり、無理なダイエットによる食事制限で栄養不足に陥る、さらには運動不足といった原因で低体温に陥る女性が増えています。
体の冷えが血行不良をもたらし、うっ血状態をもたらすわけです。

さらに厄介なのは低体温は免疫力の低下ももたらすため、炎症による赤ら顔の原因にもなる可能性があるということです。
冷え性やむくみの悩みを抱えている人は低体温の可能性があるため、まずその対策を行っていきましょう。

 

加齢による衰え

それから加齢による体の衰え。
年齢を重ねると血管の柔軟性が失われていきます。
血管が硬くなってしまった結果血液がスムーズに流れにくくなってうっ血状態を起こしやすくなるのです。
この点は次に挙げるドロドロになってしまった血液とも関わってきます。
ただでさえドロドロで流れにくい血液のうえに血管の柔軟性が低下しているためにますます流れが悪くなってしまうのです。

おもに食生活が原因ですが、血液がドロドロになってしまう点にも注意が必要です。
とくに脂っこい食事が多い人は要注意。
赤ら顔のみならず動脈硬化や下肢静脈瘤といった問題の原因にもなるので気をつけたいところです。

 

女性はホルモンバランスの乱れに注意

女性の場合はホルモンバランスの乱れにも注意が必要です。
ホルモンのバランスが崩れると自律神経にも乱れが生じ、毛細血管が収縮してうっ血症状が起こりやすくなります。
食事を含めた不規則な生活習慣はもちろん、ストレスにも注意したいところです。

他にもニキビによる炎症が原因で周囲の血管がダメージを受けてうっ血状態に陥ってしまうこともあります。
この場合には皮膚表面と内面両方から赤ら顔が進行してしまうので要注意です。

このように、うっ血状態をもたらす原因は日々の生活のさまざまなところに潜んでいます。
知らず知らずのうちに原因となる習慣を持ってしまっているケースもありますから、まずは日常生活の見直しからはじめて自分に相応しい対策方法を見つけ出すことが対策の第一歩となるでしょう。

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ