あなたはどれ?赤ら顔の原因

赤ら顔を改善するために、まずは自分の赤ら顔が何の原因から来ているのかを把握しておく必要があります。
実は一口に赤ら顔といっても原因は一つではなく複数あるのです。
自分の原因にあった有効な改善方法を取らないと、いつまでたっても治らないこともあります。
自分がなぜ赤ら顔になってしまうのか、普段の生活や自分の体調と見比べて特定してみましょう。

 

肌が薄くなることにより毛細血管が透ける

肌の色素が生まれつき薄かったり、敏感肌の人や、化粧品等のスキンケア製品が肌に合わず肌が薄くなってしまう等のトラブルが起こると、毛細血管が透けて赤ら顔になってしまいます。
人間の肌の角質層は非常に薄く、間違ったスキンケア方法や自分に合っていないものを使うと皮膚が削れていってしまうことがあります。
実はこのような肌トラブルによる赤ら顔は非常に多くなってきています。
悪化するとにきびや炎症も引き起こしてさらに改善しにくい状況になってしまいます。
赤ら顔で悩んでいる方はまずは自分のスキンケア製品の見直しをおすすめします。

 

にきび

顔に出来たにきびが広範囲に広がったり、炎症を起こして重症化した場合も赤ら顔になります。
最初はぽつぽつとあるだけだったにきびが広がったり、大きくなったりして顔全体が赤ら顔に見えるようになります。
広範囲に広がってしまったひきびは治りにくく、免疫力も低下しているため一つ治ってもまた新しくできる、このようなことを繰り返し中々消えません。
放っておくと皮膚に色素沈着して赤ら顔がさらに悪化することもあります。
また、治った後もにきび跡が消えず、いつまでも赤く残ることもあります。

 

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

脂漏性皮膚炎は、皮脂が出すぎることによって皮膚が炎症を起こしてしまうことです。
その結果、皮膚が皮脂にかぶれて赤くなることがあります。
顔の皮脂が多い方は要注意です。

 

肌の水分量の不足

肌の水分が少なくなると、角質細胞がはがれやすくなってしまいます。
角質細胞がはがれると、肌を守るバリア機能が低下してしまい、外からの刺激に非常に弱くなってしまいます。
肌が乾燥したときに、カサカサして小さな皮剥けが発生しているような状態です。
この際、肌には目に見えない小さな傷がいっぱいついていて、赤くなってしまうことがあります。

 

毛細血管の膨張

あまり多くはありませんが、皮膚疾患によって毛細血管が膨張することがあります。
膨張した毛細血管は通常の状態よりもより赤く、透けて見えると赤ら顔になってしまいます。

 

気温変化による血流の増加

急激な気温の変化によって血流が増えると赤ら顔になってしまうことがあります。
風呂上がりの「ほてり」や「のぼせ」が代表的なものです。
この血流は頭部に集中するのでその過程で皮膚が薄い顔の部分が赤くなってしまうのです。
また、アルコールを摂取した時も血流が増加するので体質によっては赤くなる人もいます。

 

緊張による心理的要因

人前に立つ、不安、緊張などの心理的要素によって、自律神経の働きが活発化して毛細血管が拡張すると赤ら顔になります。
一度、このような緊張状態で赤ら顔になってしまうと、どうしても自分の意識がそのことを覚えてしまって、同様の場面で赤ら顔を繰り返す傾向にあります。
一時的な体温の上昇や発汗を伴うこともあります。
メンタル的な要素が原因なので、自身のメンタル面を見直してみることも有効です。

 

赤ら顔対策専用オールインワンジェル美容液
1139-fermentation-photo4オイズ(OIZ)ジェルは、赤ら顔対策専用のオールインワンジェルで、肌バリアの強化と保湿に特に効果が高い成分が含まれています。 肌の薄い人や敏感肌の人にとって非常に使いやすい美容液であり、肌が明るくなり赤ら顔が徐々に改善されたという、口コミも多数あります。 スキンケア大学でも赤ら顔に効果がある美容液として紹介されているおすすめの品です。
button_001

button_002

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ